スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1/30】気になる音楽ニュース - 2015.01.31 Sat

気になる音楽ニュース!
ということでここ最近の音楽ニュース(と言っても基本邦楽ロックのみですが)をなんとなーくまとめてみたり。半分備忘録だったり。笑

BUMP OF CHICKEN 「WILLPOLIS2014」スポット映像公開



BUMP OF CHICKENが2月4日に発売するライブDVD・Blu-ray映像作品
「WILLPOLIS2014」のスポット映像が公開されました。

映像はCGによる架空都市「WILLPOLIS」のTOKYO DOMEへと
入り込んでいく内容となっています。
時間は30秒と短く、アルバム「ray」の1曲目のWILLの冒頭が流れ、
TOKYO DOMEに入ると自身のヒットナンバー「天体観測」のイントロが
観客の熱狂とメンバーの煽りとともに鳴らされています。

これだけで伝わってくる熱いライブ。DVD買うしかない。。。

-関連記事-
♯1 天体観測 / BUMP OF CHICKEN
#154 同じドアをくぐれたら / BUMP OF CHICKEN
#165 sailing day / BUMP OF CHICKEN

アジカン、2年ぶりシングル「Easter」リリース


アジカンこと、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが2013年2月リリースの
シングル「今を生きて」以来2年ぶりとなるシングルのリリースがアナウンスされました。

現在発表されているのは収録曲3曲の曲名のみ。
レコーディングはFoo Fightersのプライベートスタジオ「Studio606」で
同バンドのエンジニア陣と行っているとのこと。

詳しくは公式サイトへ

ごっちのソロ活動などを経て、久しぶりに解き放たれるシングル
楽しみですねー!

-関連記事-
#168 或る街の群青 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
#248 at the break of dawn / PHONO TONES

細美武士、ソロ活動始動か


昨日30日発売のROCKIN’ON JAPAN3月号に先月行われた
自身のバンドthe HIATUSの初の武道館公演を経てのインタビューが掲載されている。

その中でthe HIATUSとは別に細美武士自身がすべての楽曲の作成を担当した
バンド活動を行うとの発言をしているらしい。

個人的に細美さんは大好きなのでこのバンドも大注目。
しかし、ELLEGARDENの活動再開はまだまだ先になりそうだ。

-関連記事-
あけましておめでとうございます。(細美武士さんのソロライブのセトリ等書いてます)

ユニゾン自主企画ツアーゲストバンド発表


ユニゾンことUNISON SQUARE GARDENによる
自主企画ツアー「fun time ACCEDENT2」が3月に行われることが発表され、
ツアーに参加するゲストバンドも発表された。

それぞれゲストバンドは以下の通り。
2015年3月11日(水)金沢公演 BRADIO
2015年3月17日(火)盛岡公演 シナリオアート
2015年3月20日(金)高知公演 THE ORAL CIGARETTES
2015年3月26日(木)高崎公演 Shiggy Jr.

となっており、今を輝くバンドが盛りだくさんの大注目のツアーとなりそう。
どれも行きたいなぁ。。。

-関連記事-
#85 マスターボリューム / UNISON SQUARE GARDEN
#202 ホワイトレインコートマン / シナリオアート
#200 Mr.ファントム / THE ORAL CIGARETTES
"ポップでポップなバンド" Shiggy Jr.

SYNCHRONICITY’15プレパーティ開催


4月に渋谷で行われるフェス「SYNCHRONICITY’15」のプレパーティが
3月に開催されることと、出演バンドが発表された。

出演バンドは天才バンド、ミツメ、Awesome City Clubと今を駆け抜けるバンドお
出演が決まりました。

なお、本編にはYOUR SONG IS GOOD、アナログフィッシュ、fox capture plan、
toconomaの4組の出演が第一弾アーティストとして発表されています。

詳しくは公式サイトへ



本当はもっともっといろんな気になるニュースがあるんだけれども、今日はこの辺りで。
日々いろんなニュースが飛び交っていて、一つ一つ噛み砕いていくのも大変ですね~。
ではでは。
スポンサーサイト

#297 Place in the sun / HOTSQUALL - 2015.01.31 Sat

297回目です!!

Place in the sun / HOTSQUALL


日本の3人組バンド「HOTSQUALL」。
ビートルズやハイスタに影響を受け、
POPでキャッチーなメロディと突き抜ける確かなビートが
印象的なバンドです。

そして昨日30日には「NEW」と題されたシングルのリリースと、
リリースツアーを行うことを発表し、今後の活動も目が離せません。
ぜひ
Place in the sunPlace in the sun
(2013/08/07)
HOTSQUALL

商品詳細を見る

#296 終わりなき午後の冒険者 / 爆弾ジョニー - 2015.01.30 Fri

296回目です!

終わりなき午後の冒険者 / 爆弾ジョニー


北海道初の5人組バンド「爆弾ジョニー」。
この曲は映画「日々ロック」の主題歌となっており、
なんとも爽やかで疾走感あふれる楽曲。

昨年の4月にメジャー1stアルバムをリリースし、
デビューを果たした後もその勢いは止まらず、
先月にはメジャー2ndアルバムをリリース。
デビューから1年経たずしてZepp Tokyoでの
ワンマンライブを行うにまでなりました。

しかし、その急激すぎる躍進にメンバーが
ついていくことができず、Zepp Tokyoでの
ワンマンライブは公演中止となり、
現在はボーカルのりょーめー氏は北海道で
療養中とのこと。

しかし、そんな状況にも関わらず、
2月末公開の映画「サムライフ」の主題歌に
書下ろしの新曲の起用が決定するなど、
その活動はまだまだ止まっていないようです。

今後さらに活躍するであろうバンドです!
ぜひぜひ

みんなの幸せ(初回生産限定盤)(DVD付)みんなの幸せ(初回生産限定盤)(DVD付)
(2014/12/03)
爆弾ジョニー

商品詳細を見る

#295 僕らのメモリーズ / 本棚のモヨコ - 2015.01.23 Fri

295回目です!!
寒い日が続きますね~。皆さんお体にはお気をつけて。

僕らのメモリーズ / 本棚のモヨコ


札幌発の5人組バンド「本棚のモヨコ」。
男女ツインボーカルの優しくPOPでどこか儚い音楽が素敵です。

おもちゃの行進が始まるかのようなイントロと、
ふわふわと柔らかくも芯の通ったサウンド、
そして始まるツインボーカルの歌いだしでこの曲につかまれます。

ふわふわしてて心地よいです。ぜひぜひ
TOMORROW NEVER KNOWSTOMORROW NEVER KNOWS
(2014/11/12)
本棚のモヨコ

商品詳細を見る

#294 青空 / THE BLUE HEARTS - 2015.01.22 Thu

294回目です!!

青空 / THE BLUE HEARTS


日本のロックバンド「THE BLUE HEARTS」の名曲。

リンダリンダ、1000のバイオリン、情熱の薔薇、トレイントレインなど、
日本人なら誰もが一度は聞いたことがある楽曲を多数持つ
日本を代表するロックバンド。

上記のような有名な楽曲はロック色が強く、
パンクの要素も多く含むが、彼らの楽曲はとても幅広く、
バラードも名曲が多くあります。

この曲も度々様々なアーティストにカバーされ、有名な楽曲。
その歌詞も印象的です。

ぜひぜひ。
TRAIN-TRAINTRAIN-TRAIN
(2011/01/12)
THE BLUE HEARTS

商品詳細を見る

#293 レインボー / Dr.DOWNER - 2015.01.20 Tue

293回目です!!

レインボー / Dr.DOWNER


日本の4人組バンド「Dr.DOWNER」。
疾走感あるロックンロール!良いですね!!

アジカンの後藤さん主催のレーベル「only in dreams」からリリース、
またプロデューサーに後藤さんを迎えるなどして話題となりました!

ぜひ

幻想のマボロシ幻想のマボロシ
(2013/07/03)
Dr.DOWNER

商品詳細を見る

#292 titan arum / psysalia psysalis psyche - 2015.01.19 Mon

292回目です!
ツイッターでも言いましたが、ついに新しいパソコンが手に入りるよー!!

Titan arum / psysalia psysalis psyche
(White ver.)


日本のツインボーカル4人組ロックバンド「psysalia psysalis psyche」。
2012年5月11日渋谷QUATTROで行われたアルバム「#7」のツアーファイナルで解散。

近年の表舞台に多く出ているバンドとは違い、攻撃的で荒々しくガレージロックを
根底に感じるロックが印象的なバンドです。
一言で表すなら、自身でも言っているように「不良バンド」でしょうか。笑

しかし、荒々しく攻撃的であるにもかかわらず、その楽曲センスは素晴らしいものがあり、
作りこまれた楽曲と日本語を大事にした歌詞がとても聞きやすくもあります。

そんな彼らの楽曲の中でもこのTitan arumという曲はシューゲイザーを取り入れた
また彼らの楽曲軍の中でも異彩を放つ楽曲でもあります。

PVの映像は前衛舞踏集団『山海塾』に所属し海外でも高い評価を得ている
浅井信好氏による映像作品となっています。
映像作品としても魅入ってしまいますね。
神々しさと幻想的な世界に引き込まれつつもどこか恐怖に似た感情が湧き上がってきます。

この楽曲のPVは「白」と「黒」の二種類が存在し、その二つで楽曲自体も
また違った印象を受けます。視覚効果ってすごいんですね。。

(Black ver.)


この楽曲は、「7年に1度、2日間しか咲かない世界最大の花」として有名な
ショウダイオオコンニャクの英名であり、電気クラゲの別名を持つカツオノエボシの
の学名からバンド名を取ったその名付け方からも重要な意味を持つ楽曲に
思えてきます。

現在、メンバーはそれぞれ活動を行っており、
メインボーカルのShion氏は「coyote milk store」を、
作詞作曲とボーカルの松本亨氏はソロ活動と「TRMTRM」と
それぞれ活動を行っています。
それぞれ紹介していますのでそちらもどうぞ

coyote milk store紹介
TRMTRM紹介
松本亨さんソロ活動

ぜひぜひ

#291 緑閃光 / LAMP IN TERREN - 2015.01.18 Sun

291回目です!

緑閃光 / LAMP IN TERREN


長崎発の3人組バンド「LAMP IN TERREN」。
霞みかかった淡い光のような遠く淡いサウンドとボーカルが印象的なバンドです。

2013年にはRO69主催のRO69JACKでグランプリを獲得し、
今月リリースされたアルバム「silver lining」でメジャーデビューを果たしました。

CDJや今年5月のVIVA LA ROCKの出演をはじめ、
様々なフェスやライブに出演が決まっており、
どんどんその名を広めています。

これからどんどんもっと大きなバンドになる予感がします。
ぜひぜひ
silver liningsilver lining
(2015/01/14)
LAMP IN TERREN

商品詳細を見る

#290 日々の飛沫 / 森は生きている - 2015.01.16 Fri

290回目です!!

日々の飛沫 / 森は生きている


日本の5人組バンド「森は生きている」。
カントリーやジャズなど多彩な音楽を取り入れた音楽がとても心地よいです。

バンド名からも感じるように大自然を感じるような爽やかさ、
そして透明感と音楽の濃密さ。
5人のアンサンブルが心地よく響きます。

多彩な楽器とボーカルが溶け合った素敵な音楽をぜひ。
森は生きている森は生きている
(2013/08/21)
森は生きている

商品詳細を見る

#289 through Your reality / Qomolangma Tomato - 2015.01.14 Wed

289回目です!

through Your reality / Qomolangma Tomato



日本のロックバンド「Qomolangma Tomato」です!
#224 NO TOKYO / Qomolangma tomato」で一度紹介しています。

バンド名の読み方は「チョモランマトマト」。通称チョモ。
彼らの代表曲であるこの曲は、風刺的な歌詞を捲し立てるように歌い続ける、
正に彼らの音楽性を象徴するような曲となっています。
曲を通して演奏されるギターリフもとてもかっこいいですね!

前までは、野外で演奏しているメンバーに消防車が放水するPVが
上がっていたのですが削除されてしまったようですね。残念。。

先ほど食べた牛丼は非常に安い あのハンバーガーの価値も何かおぞましい
景気の善し悪し関係なしに大量に生産されたものの影にある第三世界


和みたいと思い付けたTVは全くリアリティに欠けていた
そんな中人が死んでいく映像を見たが
自分と対峙出来ないできないオレにそんな映像と対峙することはできない


など印象的で攻撃的な歌詞が攻めたててきます。
歌詞が詰め込まれたメッセージ性の高い音楽です。

その音楽性と方向性から和製rage against the machineなんて
表現をされることもある様です。

貧困な社会を生む原因はどうにもこうにも俺のせいな気がした
夕暮れ時だったんだー!!


Limelight Blue on the Q.T.Limelight Blue on the Q.T.
(2008/04/09)
Qomolangma Tomato

商品詳細を見る

#288 ひこうき雲 / odani misako・ta-ta - 2015.01.13 Tue

288回目です!!

ひこうき雲 / odani misako・ta-ta


先日音楽ブログ「日々ゆらり。」さんで紹介されていて、とても気に入ったので紹介します。

女性シンガー小谷美紗子さんが、bloodthirsty butchers(元NUMBER GIRL)の田渕ひさ子さんや
SUPER BUTTER DOGの池田貴史さんらと組んだ、5人組のスペシャル・バンド。

原曲は1973年に発表した松任谷由美さんの曲です。
2013年に公開されたジブリ映画「風立ちぬ」の主題歌として起用されたことにより
耳に残っている方も多いかと思いますが、原曲はなんと40年前の曲なんです。
未だに歌われる色あせない曲はすごいですね!

そして、このスペシャルバンドによるカヴァーもとても心地よいです。
強弱を強調し、アクセント付けたアレンジ小谷さんの力強い歌声がとても素敵です!
ぜひぜひ!

もしよろしければ下の「拍手」をぽちっとお願いします!
featherfeather
(2003/10/29)
odani misako・ta-ta、小谷美紗子 他

商品詳細を見る

#287 神様の椅子 / tacica - 2015.01.11 Sun

287回目です!

神様の椅子 / tacica


過去にもtacicaの曲は何度か紹介したことがありますが、再度登場です。
昨年の1月にドラムが脱退し、現在は2人で活動を行っています。

この「神様の椅子」は、シングル・e.p.盤としてリリースされた曲(自主制作を除く)の中で唯一アルバムに収録されていない曲となっています。アルバム「Sheeptown ALASCA」には表題曲ではなくカップリングの「アリゲーター」が収録されています。

本曲はtacica節全開のメロディーと歌詞が見られます。特に歌詞には作詞の猪狩さんの独特の世界が展開されています。「神様」は空高く、あるいは次元すら超えたどこかで椅子に座って私たちのことを見ている。けれど、私たちを見ているあなたは泣いたことも、「きっと大丈夫」と強がったことも、人と人とが"汚し"合ってもそれに気づかぬか振りか。そしてそれに対して問いかけるのがこの曲の大筋となっています。

一番面白いのは一度も真髄には触れていないことですね。神様に対しての気持ち、怒りなのか憂いなのか、ともすれば憧れや感謝などの感情を持っているのかもしれません。歌詞の意味がある程度以降、完全に聞き手に任せられている気もします。

印象的なのはやはりサビで歌われる問いかけのフレーズ。神様に自分の存在を問いかける場面です。AメロBメロでは、上記のように自分を見てくれない「神様」に、多種多様で巨大数存在する生き物が溢れ、いろんな色が混ざり合う世界をどこから見ても同じようにしか見てくれない「神様」に自分の存在を問いかけているのが印象的です。もちろん。「アナタ」はその問いの答えなど持ち合わせてはいないのではないでしょうか。

そして、その問いかけの言い回しもやはり哲学的な彼独特の言い回し。子供とも言い切れず、大人とも言い切れぬ存在である葛藤が、最初と最後の対比となるサビで表されています。

聴けば聴くほど受け取り方が変わってくるような、受け取り方が分からなくなっていくような哲学的な言い回しの曲です。
大好きな曲ですので、ぜひぜひ。

神様の椅子e.p.神様の椅子e.p.
(2010/04/07)
tacica

商品詳細を見る

#286 Aggressor / AUDIO BOXING - 2015.01.11 Sun

286回目です!

Aggressor / AUDIO BOXING


日本の3人組バンド「AUDIO BOXING」。
術ノ穴所属のバンド「SU: 」のメンバーである su+3を中心に結成されたバンド。
メンバーはなんとドラム二人にベース&エレクトロという編成。

とてもシンプルなドラムセットが左右対称に並び、真ん中にベースというライブの配置も
どこか普通でない異様な雰囲気を感じます。

そしてその雰囲気から生み出される音楽の世界観に吸い込まれていきます。
手数が多く、それこそ時にはボクシングのラッシュのようにドラムを叩く二人に挟まれながらも、
ベースラインはゆったりとうねり、その世界観をバックで静かに荒々しく流れ続けるエレクトロサウンドが助長します。

動画ですらこの世界感にこれだけ吸い込まれるのですから、
実際に目の当たりにしたら息をするのも忘れるくらいに圧倒されそうですね。
ぜひぜひ

TRIED AND TRUETRIED AND TRUE
(2014/11/05)
AUDIO BOXING

商品詳細を見る

#285 人間進化論 / ピロカルピン - 2015.01.09 Fri

285回目です!
現在新しいパソコンの購入を絶賛検討中!

人間進化論 / ピロカルピン

日本のロックバンド「ピロカルピン」。
煌びやかなリードギターとそれをしっかりと支えるバッキングギターの
対比がとても美しい。そして浮遊感のあるボーカルが印象的です。

2009年7月にタワーレコード限定シングル「人間進化論」とHMV限定シングル「京都」をどちらも「1stシングル」としてリリース。価格も100円であり、話題になりました。
続く2ndシングルもタワーレコード限定「虹の彼方」、HMV限定「若気の光」として100円シングルとしてリリースし、その名を広めました。

その後、2012年にリリースされた4枚目のアルバム「蜃気楼」でユニバーサルJからメジャーデビューしました。
更に先月には自主レーベル「miracle oasis music」の設立し、今年3月には記念ワンマンライブも開催するなど、その活動の勢いはどんどん増すばかりです。

ノスタルジックでファンタジックな音楽を。ぜひぜひ。


落雷落雷
(2009/08/05)
ピロカルピン

商品詳細を見る


蜃気楼蜃気楼
(2012/05/16)
ピロカルピン

商品詳細を見る

#284 Adria Blue / bohemianvoodoo - 2015.01.08 Thu

284回目です!
現在、ブログ記事を作成するのに用いているPCの調子が悪く、
更新するが滞っている状態です。。早くこの状況を脱せねば。。。

Adria Blue / bohemianvoodoo


日本の4人組インストバンド「bohemianvoodoo」。
ジャズを軸に様々な音楽感を取り入れたイ爽やかで優しい曲が魅力です。

柔らかいタッチで奏でられるに爽やかなそよ風と風景が浮かぶようです。
昨年11月には前編アナログレコーディングによる3rdアルバム「Aromatic」をリリース。

インストバンドとしてその地位を不動のものにしつつあります。

クラシックギター、コントラバス、ピアノ、ドラムの優しく柔らかく混ざり合う感覚が
とても心地よいです。
ぜひぜひ

#283 飽和 / 小林太郎 - 2015.01.04 Sun

283回目です!

飽和 / 小林太郎


シンガーソングライター小林太郎さんです。
バンド活動、ソロ活動を経て、本楽曲の収録されたミニアルバム「MILESTONE」で
2012年にキングレコードからデビュー。

レーベルはキングレコードのロック専門レーベル「STANDING THERE, ROCKS」であり、
「MILESTONE」は同レーベルから出た1枚目のCDとなっている。

1stアルバム「Orkonpood」で話題となり、CDショップ大賞の地区賞も取っており、
当時からその楽曲の鋭いセンスの光るロックと曲名からも話題になりました。

デビュー後も年に1枚のペースでアルバムをリリースし、ラジオにライブにと活動をされています。

来月にも新たにミニアルバム「DOWNBEAT」のリリースが決まっており、今後の活動も楽しみです!
ぜひ~

MILESTONEMILESTONE
(2012/07/11)
小林太郎

商品詳細を見る

#282 タクラマカン砂漠 / モルグモルマルモ - 2015.01.03 Sat

282回目です!

タクラマカン砂漠 / モルグモルマルモ


京都の5人組ホイチョイチョイバンド「モルグモルマルモ」。
とりあえず楽しいバンド。

MVでは4人ですが、キーボードの方が一時脱退し、再加入したとのことで、
現在は5人で活動しているようです。

ん~とりあえずMVから楽しさがひしひしと伝わってきます。
このゆるい感じ。楽しい感じ。
ポップでゆるやか~なバンド。フジファブリックのような柔らかさを感じます。

タクラマカンタクラマカ~ン♪

公式の紹介では
「ロック、パンク、フォーク、ポップス、メタル、ホイチョイチョイ。
どちらかというとホイチョイチョイに分類されるモルグモルマルモの面妖なサウンドは、
一度聴いたら病みつきに。今日もどこかでホイチョイチョイ!」
だそうな。

今日もどこかでホイチョイチョイ!ぜひ!
おなかのなかみおなかのなかみ
(2012/06/27)
モルグモルマルモ

商品詳細を見る

哀愁漂うリアルキモ可愛いカメレオン達フィギュア 「たそがれカメレオン」 - 2015.01.03 Sat

今回はなんとガチャガチャのフィギュアの紹介です。笑
新年入ってさっそく音楽について書いてないのは置いときまして。

個人的にカメレオンとかペリカンとかフクロウとか動物が好きなのですが、
先日見つけて心を奪われてしまったガチャガチャがありまして。

それがこれです。↓「たそがれカメレオン
たそがれカメレオン

この画像だと少し分かりずらいですが、カメレオンがうなだれてたり落ち込んでたりするフィギュア。
一回200円。

カメレオンの顔とポージングに惚れまして、一回やって出たのが「あきらめ系カメレオン」。
画像で言うとコップからぶら下がっているやつです。
全種類に画像の色に加え、緑色バージョンもあるようで、自分は緑色の諦めたカメレオンでした。

個人的には落ち込み系か黄昏系が欲しかったので(画像右の紫と黄の座ってる二匹)、
次見つけたらまたやろうと思ってるのですが、案外おいてないんですよねコレ!

売れないのかな~俺は本当に好きなんだけどな~。
因みに、カラーバージョンが出たので画像のものは第二弾だそうです。

なんてこの記事を書こうと思って調べてみたら、こんなのもあるみたいですね。
おさんぽカメレオン
おさんぽカメレオン

こんなの見たことなかったんですが、調べてみると2年前くらいの商品のようです。
舌が伸びたり、手足や尻尾が動いたりするらしい。欲しい。

ガチャガチャも面白いものですよね~。
また見つけたらカメレオンやろうっと。

2015年あけました。 - 2015.01.02 Fri

日頃から当ブログを読んでくださっている方、たまたま見た方、
あけましておめでとうございます。

久しぶりに適当につらつらと中身の無い書いていきます思うことを。

このブログも開設してから早2年ちょい。
本当に気ままに書いているので更新頻度がとてつもなく隔たっているのですが、
最近は頑張って書いていこうかなっていうやる気に満ちています。
お暇なときになんとなく読んで行ってもらえたら、そしてたま~にこのブログがきかっけで
好きな音楽が増えたりなんかしたら良いなぁ~って思ってます。

さて、今年はもう2015年。
エヴァが闘っている近未来の話が現実になってしまいまして、
地底のでっかい要塞や、地面からビルが生えてくるなんて時代には
もちろんなっていないわけですけれども、日々日常はしっかりと着実に
未来の世界に進んでいますよね~
スマートフォンなんてここ5年くらいですかね?携帯電話がタッチパネルになるなんて。
あんな小っちゃい箱に何が詰まってあんなすごい機械になるのか。すごい。

そんな感じで2015年を迎えたわけですが、新年になると世の中何かそわそわしてますね。
数日も経てば落ち着くのだろうけれども、そんなそわそわが好きだったり。
とりあえず今欲しいものといえば、たった今この記事を書きながらも思っているのですが、
パソコンが重いんですよね。
かれこれ5年くらい使っているんですが、そんなにいたわりながら使ってるわけでもないので
思い思い。パソコン解体してお掃除したり、内部メモリの何ちゃらですとか、
個人的にあらゆる手段を尽くしたのですが、無理な物なんですねー。
最終的にはフォーマットなんでしょうが、いくらバックアップを取っても大事なデータがどっかで
消えてしまいそうで怖くって。新しいパソコン欲しいなぁ~。

お金がたまったら。

今年の抱負といたしましては、ん~いくらでも出てくるんですが、ここで言うとすればやっぱり
このMUSICMOREと名付けたブログが少しでも成長できるように頑張ろうって思ってます。

今年もいろんなバンドがいろんな音源を出したりライブをしたりデビューしたり解散したりで
話題は尽きないとは思いますが、このブログのコンセプトとして、、、
というよりも僕自身の気まぐれもあり、話題に沿って行こうってのは思っていません。
古い音楽も新しい音楽もメジャーもマイナーも、いいなって思ったものを何でも書いていく感じで
いきますよ。

音楽紹介はもちろんだけど、いろんな事に焦点を当てた記事をいっぱい書いていきたいなー
時間あるかなー時間は作るものだよねー。

せっかく書いてるんですから、少しでも多くの人に見てもらいたいって言うのはありますよね。
深い知識なんてないものですから、そんな大それた記事も書けないんだけれど、
いろんな意見貰っていろいろ書いていけたらなって思います。
夢は語って何ぼのもんです。

そんな感じで(何もまとまってませんが)、今年もMUSICMOREをよろしくお願いします。

あけおめ。ことよろ。 MUSICMORE管理人もあ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

もあ

Author:もあ
MUSICMOREにようこそ
アクセスありがとうございます。

邦楽ロックを中心に音楽が大好きです!
twitterは
https://twitter.com/rockmoa
まで!
お気軽にフォローしてください。
テキトーに音楽の事とかブログの事とか呟いてます。

後は何かあれば気軽にコメントやメールくださいな

ブロ友・相互リンクはいつでもどうぞ~

カレンダー(月別)

12 ≪│2015/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

未分類 (1)
バンド紹介 (10)
ベストトラックス (396)
ディスクレビュー (3)
音楽雑談 (10)
ひとりごと (15)
ライブ (6)
特集記事 (4)
気になるニュース (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

アーティスト一覧

アシガルユース(#1)中ノ森BAND(#1)坂本慎太郎(#1)jeepta(#1)小林太郎(#1)小山田壮平(#5)Base_Ball_Bear(#2)SPARTA_LOCAL(#1)FUNKIST(#1)kojikojimoheji(#1)ユメオチ(#1)ガチャガチャ(#1)Neutral_milk_hotel(#1)The_White_Stripes(#1)綿めぐみ(#1)ビレッジマンズストア(#1)aquarifa(#1)THE_HIGH-LOWS(#1)OTOTOIGROUP(#1)SEBASTIAN_X(#2)さめざめ(#1)シャムキャッツ(#2)ASIAN_KUNG-FU_GENERATION(#2)absenmindedness(#1)ハイスイノナサ(#1)ANGRY_FROG_REBIRTH(#1)Story_Of_The_Year(#1)geek_sleep_sheep(#1)ドレスコーズ(#2)ウラニーノ(#1)ユビキタス(#1)Shugo(#1)0.8秒と衝撃。(#1)東京カランコロン(#1)The_Byrds(#1)PLASTIC_GIRL_IN_CLOSET(#1)LAMP_IN_TERREN(#1)Gifted_Fool(#1)APOGEE(#1)はっぴいえんど(#1)the_dresscodes(#3)SPIRAL_LIFE(#1)Shiggy.Jr(#1)ポッグカウチナゲット(#1)plenty(#1)八十八ヶ所巡礼(#1)the_band_apart(#1)Charisma.com(#1)radiohead(#1)TRICERATOPS(#4)The_Cribs(#1)tacica(#5)NUMBER_GIRL(#1)RADWIMPS(#1)D.W.ニコルズ(#1)yonige(#1)valows(#1)Muse(#1)ELECTRIC_LUNCH(#1)HiGE(#1)chouchou_merged_syrups.(#1)psysalia_psysalis_psyche(#5)リーガルリリー(#1)星野源(#1)タルトタタン(#1)wrong_city(#1)Japan's_next(#1)クリープハイプ(#1)野狐禅(#1)Turntable_Films(#1)Nickelback(#1)Maroon_5(#1)さしすせそズ(#1)The_宇宙人s(#1)THE_ORAL_CIGARETTES(#2)cigar_terrace(#1)ホリエアツシ(#1)nabowa(#1)ハルカトミユキ(#1)フレデリック(#2)serial_TV_drama(#1)THE_PINBALS(#1)pianozombie(#1)GRAND_FAMILY_ORCHESTRA(#1)Lillies_and_Remains(#1)WATER_ROOM(#1)スピッツ(#1)HOTSQUALL(#1)嘘つきバービー(#1)ampcharwar(#1)sugar_me(#1)9mm_Parabellum_Bullet(#1)folk_squat(#1)ハナエ(#1)Nickel_Creek(#1)TRMTRM(#1)Deerhoof(#1)宇宙まお(#2)蓮井朱夏(#1)JET(#1)fifi(#1)The_coridras(#1)amazarashi(#3)chaqq(#1)Qomolangma_Tomato(#1)RIDDLE(#1)きのこ帝国(#2)Gotye(#1)The_Strokes(#1)Tokumaru(トクマルシューゴ)(#1)BAND_A(#1)the_boys_age(#1)井上苑子(#1)音橙(#1)1980yen(#1)Mr.Children(#2)bohemianvoodoo(#1)THE_BLUE_HEARTS(#1)TRUSTRICK(#1)Jake_Bugg(#2)04_Limited_sazabys(#1)打首獄門同好会(#1)大塚愛(#1)GRIKO(#2)Psysalia_Psysalis_Psyche(#1)SHISHAMO(#1)ARTIFACT_OF_INSTANT(#1)GLIM_SPANKY(#1)敏感少年隊(#1)BYEE_the_ROUND(#1)フジファブリック(#3)ROAD_OF_MAJOR(#1)OUTLAW(#1)Fear,_and_Loathing_in_Las_Vegas(#1)絶景クジラ(#1)MIYAVI(#2)poet-type.M(#1)ハヌマーン(#1)TheSpringSummer(#1)トレモノ(#1)Qomolangma_tomato(#1)BRADIO(#2)COgeNdshE(#1)布袋寅泰(#1)禁断の多数決(#1)Dirty_Old_Men(#1)The_fin.(#1)サカナクション(#1)PHONO_TONES(#1)Veni_Vedi_Vicious(#1)レキシ(#1)the_piggies(#1)LEGO_BIG_MORL(#1)ザ・クロマニヨンズ(#1)SKULL_CANDY(#1)AL(#1)GOLIATH(#1)NTsKi(#1)THE_PINBALLS(#1)Zebrahead(#1)ZAZEN_BOYS(#1)Bo_Ningen(#1)monokuro(#1)ゆらゆら帝国(#2)FOLKS(#1)カミナリグモ(#1)挫・人間(#1)MAN_WITH_A_MISSION(#1)LAMA(#1)The_Bohemians(#1)向井秀徳(#1)THE_TURQUOISE(#1)毛皮のマリーズ(#1)androp(#2)in_the_soup(#1)セトリ(#1)安部コウセイ(#1)SAKANAMON(#1)LAST_ALLIANCE(#2)すぃすぃず(#1)ピロカルピン(#2)宇宙コンビニ(#1)門田匡陽(#3)ザ・チャレンジ(#1)pionia(#1)THEラヴ人間(#2)Tequeolo_Caliqueolo(#1)吉田一郎不可触世界(#1)モーモールルギャバン(#2)LAGITAGIDA(#1)松本亨(#3)In_197666(#1)屋根の上のルーニー(#1)BURGER_NUDS(#1)Poet-type.M(#1)YeYe(#1)モルグモルマルモ(#1)夜ハ短シ(#1)MOROHA(#1)バズマザーズ(#3)cinema_staff(#2)チバユウスケ(#1)The_next!_Liddell_1974(#1)asa-chang_&_巡礼(#1)Rhythmic_Toy_World(#1)Shiggy_Jr.(#1)黒木渚(#2)zazen_boys(#1)スキップカウズ(#2)The_Beatles(#1)チャットモンチー(#2)口寄せ(#1)Arctic_Monkeys(#1)Cathy_lost_one's_apricot_yesterday(#1)カヴァー(#1)nicoten(#1)SuiseiNoboAz(#3)VELTPUNCH(#1)FOX_LOCO_PHANTOM(#1)Halo_at_四畳半(#1)Alaska_Jam(#1)the_coopeez(#1)UNISON_SQUARE_GARDEN(#2)alcott(#1)Chapter_line(#1)細美武士(#2)HaKU(#1)The_Mirraz(#2)みそっかす(#1)セカイイチ(#1)シナリオアート(#2)踊ってばかりの国(#1)SHAKARABBITS(#1)triceratops(#1)te'(#2)水江未来(#1)PELICAN_FANCLUB(#2)SEKAI_NO_OWARI(#2)novels(#1)レミオロメン(#2)80kidz(#1)asayake_no_ato(#1)ニコル・スミス(#1)甲本ヒロト(#1)Stereophonics(#1)最終少女ひかさ(#1)Che-a(#1)Colourmusic(#1)doresscodes(#1)NICO_Touches_the_Walls(#1)coyote_milk_store(#1)the_cabs(#1)skillkills(#1)藍坊主(#1)the_flickers(#1)もしもしくじら(#1)rega(#1)Pay_money_To_my_Pain(#1)the_chef_cooks_me(#1)3nd(#1)CHEESE_CAKE(#1)white_white_sisters(#1)bentham(#1)女王蜂(#2)the(#1)彼女_in_the_display(#1)在日ファンク(#1)alexandros(#1)ショージロージュニア(#1)N'夙川ボーイズ(#1)ミュージカル(#1)永野亮(#1)WHITE_ASH(#2)LOVE_PSYCHEDELICO(#1)ROSSO(#1)Casablanca(#1)Awesome_City_Club(#1)さよならポニーテール(#1)THEイナズマ戦隊(#1)avengers_in_sci-fi(#2)The東京シュガーキャッツ(#1)三回転とひとひねり(#1)CherryHearts(#1)BLUE_ENCOUNT(#1)Aerosmith(#1)忌野清志郎(#1)オトワラシ(#1)ORANGE_RANGE(#1)水曜日のカンパネラ(#1)andymori(#7)銀杏BOYZ(#3)ヤバイTシャツ屋さん(#1)OVER_ACTION(#1)指先ノハク(#1)KELUN(#1)下津光史(#1)HOLSTEIN(#1)キドリキドリ(#1)斉藤和義(#2)中田裕二(#1)ircle(#1)竹原ピストル(#4)ジラフポット(#1)THE_TURTLES_JAPAN(#1)OK_Go(#1)ゲスの極み乙女。(#1)lego_big_morl(#1)magic!(#1)Keishi_Tanaka(#1)Chicago_poodle(#1)赤い公園(#1)deronderonderon(#1)SWIM_SWEET_UNDER_SHALLOW(#1)リリーローズ(#1)Predawn(#1)HAPPY_BIRTHDAY(#1)Scott_Murphy(#1)tricot(#1)THE_ANDS(#1)天才バンド(#2)yoshimi(#1)ASH_DA_HERO(#1)Half-Life(#1)Radiohead(#2)Good_Dog_Happy_Men(#3)THE_UNIQUE_STAR(#1)Large_House_Satisfaction(#2)シシド・カフカ(#1)PLASTICZOOMS(#1)monobright(#1)the_HIATUS(#1)Vola_&_the_Oriental_Machine(#1)BUMP_OF_CHICKEN(#7)syrup16g(#5)パスピエ(#1)385(#1)それでも世界が続くなら(#1)The_Paellas(#1)the_pillows(#8)KANA-BOON(#1)Yogee_New_Waves(#1)GRAPEVINE(#2)qomolangma_tomato(#1)くるり(#1)Nothing's_Carved_In_Stone(#1)岡崎体育(#1)キンモクセイ(#1)本棚のモヨコ(#1)WEAVER(#1)LUCKY_TAPES(#1)OGRE_YOU_ASSHOLE(#1)AUDIO_BOXING(#1)爆弾ジョニー(#1)Them_Crooked_Vultures(#1)suchmos(#2)長澤知之(#2)She_Her_Her_Hers(#1)キュウソネコカミ(#1)Funk_Discussion_Brothers(#1)THE_RODEOS(#1)森は生きている(#1)栗コーダーカルテット(#1)people_in_the_box(#1)THE_NOVEMBERS(#6)FOOLA(#1)[Champagne](#1)MO'SOME_TONEBENDER(#1)

ブログランキング

↓よろしければクリックお願いします

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2088位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
324位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。