Disc-3 Pied Piper / the pillows - 2014.12.07 Sun

今回は個人的に思い入れがあり大好きなアルバムである
the pillowsのアルバム「Pied Piper」について、個人的な感想とレビューを。

PIED PIPER(初回限定盤)(DVD付)PIED PIPER(初回限定盤)(DVD付)
(2008/06/25)
the pillows

商品詳細を見る

Pied Piper / the pillows
発売日 2008年6月25日
規格品番 AVCD-38937B
レーベル avex trax

レーベルをキングレコードからavex traxに移籍後の
前作「wake up! wake up! wake up!」に引き続き2枚目のアルバム。
バンド自身としては15枚目のアルバムとなる。

今作以前のアルバムではオルタナティブロックを強く感じましたが、
本作品では全体を通してポップで聞きやすい流れと作品になっていると感じます。
しかし、だからといってロックでないかというと、勿論そうではなく、
the pillowsの根底にある確かなロックが作品を通して強く根付いていることが感じられます。

「ハーメルンの笛吹き男」の意である「Pied Piper」と題されたこのアルバム。
ハーメルンの笛吹き男はその笛の音色で街中の子供達を魅了し、連れて行ってしまいます。

前作「wake up! wake up! wake up!」はタイトル通り、avexに移籍しても彼らは何ら変わらずに
「自分たちの音楽で生ぬるい音楽に浸った奴らを目覚めさせてやる」という意味が
込められていましたが、今作も前作に引き続き、自らの音楽、長年信じ貫いてきた
「彼らのロック」で聴くものを魅了し「俺たちについて来い」と言わんばかりの姿勢を感じます。

1.Pied Piper



本作の表題曲であり、アルバムのトップを飾るこの曲。
艶やかな音色、それこそハーメルンの笛吹き男の笛の音のようなゆったりとした
また、幻を見ているかのようなギターから曲が始まったかと思えば、
イントロに待っていたのはなんと4拍子と5拍子の変拍子。

そしてサビで歌われる歌詞。
「キミを連れて行くって決めたんだ。悪いけど。」
pillowsのほぼすべての楽曲の作詞を担当するさわおさんの性格とthe pillowsの性格が
とても良く現れている気がする。
もうこの曲を聴いてる時点でキミに選択権はなく、the pillowsに連れて行かれてしまうんですね。
ロックの世界へ。
そしてそのセリフに続いて歌われる「悪いけど」の一言がまた憎くカッコいいです。笑


2.New Animal



the pillows27枚目のシングルとしてリリースされたタイトルでもあり、
the pillowsの突き抜けるロックを純粋に感じさせるナンバー。

イントロでまず始まるギターは、一つのコードを荒々しくならしている様に聴こえる反面、
一つのコードにも関わらず様々な表情が見える気がします。
そして更にギター、ぴーちゃん独特の雰囲気を出すギターが加わる。
イントロからpillows節前回の展開で曲は進み、周りの色に染まらず我が道を信じ、
進み、そして少しずつ、確実に認められてきた彼ら自身を歌っています。

「誰かになりたいわけじゃなくて今より自分を信じたいだけ」
「審査員は自分自身の他に誰もいらない」
「何度も躓いているうちに、羽がなくても飛ぶ気になったのさ」
そう力強く歌うその歌詞には、まぎれもなく20年以上信じて己の道を来た
the pillowsというバンドがロックンロールを信じてここまで来た情熱が感じられます。

New Animalというタイトルは、彼ら自身、バンド自身を形容しているのでしょうか。

3.No Surrender

the pillows渾身の爆発力のあるロックンロールナンバー。
アルバムリリース後のツアーから、常にライブのスタートや着火点として
重要な役割を果たしていた曲です。

「No Surrender」は「降伏はしない」「引き渡しはしない」という意味。
冒頭でも語ったこのアルバムのコンセプトにもガッチリ一致し、
そこからも彼らにとっても重要な位置にある曲なのではないでしょうか。

そしてサビでも歌われるこのフレーズ。

「Baby 傷つくなよ
汚れきった世界から
必ず連れ出してみせる」

こうして、やはり彼らは彼らのロックンロールの世界へ連れて行ってくれるのです。
ライブではサビ中の掛け声「don't cry prisoner」は観客が大合唱し、
一体感も増して盛り上がる。。。

因みにこの"prisoner"は11枚目のアルバム「penalty life」で歌われている、
「ロックからもう逃れることのできない囚人」を表しているのでないでしょうか。

4.Last Holiday



3曲目までの怒涛のpillowsロックンロールをかき鳴らしてきたと思えば、
4曲目で一転、「明日で世界が終わるなら」と優しく歌い始めるバラードが始まる。
声の力強さのせいか、不思議とこの急展開な流れに違和感を感じることなく入ってくる。

そしてこの曲もまた珠玉の名曲ではないか。
気が狂う前の楽曲「smile」のような優しさと綺麗に流れるpillowsが感じられる。

5.Tokyo Zombie (The knock came at dead of night)

the pillowsのアルバムお決まりのインストナンバー。
12枚目のアルバム「GOOD DREAMS」のインストナンバー「BAD DREAMS」を
彷彿とさせるTokyo Bambiに対するようなタイトルのこの曲。

インストということもあり、またこれに続く曲「Across the metropolis」とも合わさり、
アルバムを通して前半と後半を分けるような曲です。

しかし、本当にうまい。前半のスムーズな流れに対し前曲からの雰囲気をくみ取り、
自然と少しずつ再燃し湧き上がるロックンロールを感じさせます。
地面からゾンビが這い出してくる風景が浮かびそうなダークで幻想的な曲ですね。

6.Across the metropolis

前曲に引き続くこの曲は先行シングル「Tokyo Bambi」ですでに発表されている曲。
Tokyo Bambiのシングルからは表題曲と「Go! Go! Jupiter」の二曲ががPVが作成されており
この曲はB面的立ち位置だったこの曲。

アルバムの詳細が発表され、曲順にこの曲が載せられているのを見た時は「なぜ!?」
と思わざるを得なかったのですが、アルバムを聴いてみて納得。

シングルとは全く違う表情を見せるし、アルバムの流れを潤滑にスムーズにしているし、
確かにシングルの端っこに置いておくにはもったいないナンバーに感じます。
霞がかかったように悲しく、とても綺麗な曲です。

7.Purple Apple

そしてまだまだロックンロールは終わらないぜ!
と言わんばかりに始まるロックンロール。

しかし歌が始まると少しコミカルにミニマルな曲が展開していく。
うまく表現できないが、たまに顔を出すpillows節全開の可愛いロックだ。
バンド同士交友の深い怒髪天の男らしいコーラス、間奏で流れる
小鳥のさえずりのような口笛。可愛く遊び心も有りなロックンロールだ。
the pillows以外でこんなロックを見たことがない。

8.Tokyo Bambi



自身26枚目のシングルとして発表した同曲。
イントロから東京スカパラダイスオーケストラのホーン部隊による軽やかで
POPでキャッチーな彼らには珍しい鮮やかな音が舞う。

少しおどけたように鳴らされるバックギターにのせて、ぴーちゃん特有の
艶やかなギターが度々顔を出す。
the pillowsの中でも随一のキャッチーなナンバーだが、中身はさわお節全開だ。

「聞こえたかい I need you so my darling キミと幸せになる」

と歌われる歌詞。「キミと幸せになる」と言い切ってしまっているのが彼らしく、力強い。
上に載せたが曲のPVはひたすらはしゃぐさわおさんがひたすら可愛い。
そしてPVとしては珍しくサポートメンバー(ほぼ正規メンバーのようなものだが)である
ベースの鈴木淳が前面に映し出されてる。

9.Ladybird girl

前曲に引き続き25枚目のシングルとして先行リリースされている曲。
ラブソング全開のナンバーです。

綺麗なギターのイントロと歌の内容とは裏腹に、曲中も楽器陣はひたすらロックンロール。
ひたすらに純粋でまっすぐなラブソングがこんなに疾走感あるロックでいいのか!
と思ってしまうほどの歌詞なのがまた素敵すぎます。

「Is this love? This is love!
キミに会いたいな
理由がなくちゃすぐ会えないなら 何か考えなきゃ」

歌詞だけ見るとこんなにかわいいまっすぐなラブソングなのに!
個人的には今作トップ争いの名曲です。

10.That's a wonderful world (song for Hermit)

そして終わりを迎えたかのような、エンドロールが流れるように始まる同曲。
しかし始まりとは一転、この曲もまたPOPで可愛らしさを感じるナンバー。

実業家ビル・ゲイツ氏からRadioheadのボーカルであるトム・ヨーク氏まで
果てはカメレオンまで、さまざまな名詞が飛び出してきます。

カメレオン、ダイナソーは過去の楽曲を指しているのかな?
となるとスコーピオンは彼ら自身で歌っている曲はないことからスコーピオンズの
事なのでしょうか。
そしてもう一つ気になるのは、同曲のタイトルでもあり、終盤でも歌われている
「あのすばらしき世界」というフレーズ。「この」ではなく「あの」?
これから皆を、リスナーも過去の楽曲も各界の有名人も皆引き連れて行く
ロックンロールの世界のことなのでしょうか。

11.POISON ROCK'N'ROLL

そしてラストを飾るのはこのアルバムのラストにふさわしいこの曲。
タイトルからもうすでに。ロックンロールからは逃れられない、
中毒性の高いものでありますもんね。
そして歌詞もまたさわお氏の世界観全開の内容です。

サビは訳すと「俺は傍で歌いたい。そう君の傍で!ロックンロールを奏でるんだ!」
と歌っています。彼らの思う全てを吐き出すラストの曲。

この曲は記念すべき彼らのキャリア20周年となる結成日に行われた
武道館ライブで、3度も行われたアンコールの一番最後に披露されました。
彼らのロックンロールに毒されて抜け出せない人は確実に、増えていますね。


~~~~~~~~~~~

11曲を通して、全てが全て違う表情を見せながらもアルバムとして一貫した彼らの思いがあります。
どの曲をとっても全部いい!といえる大好きなアルバムでした。
the pillowsの中ではキャッチーな曲も彼らのロックンロールが詰まった曲も多くあり、
導入にもおすすめできる名盤であると思います。

ぜひぜひ。
スポンサーサイト

Disc-2 アンディとロックとベンガルトラとウィスキー / andymori - 2014.11.25 Tue

たまにはレビューを書いてみようかなって。笑
大好きなandymoriの記念すべき1st EP盤をレビューさせていただきます。
レビューなんてたいそうなものでなく勝手な感想みたいなものですが。笑

アンディとロックとベンガルトラとウィスキー

アンディとロックとベンガルトラとウィスキー / andymori
発売日 2008年10月8日
規格品番 XQFQ-1111
レーベル Youth Records

andymoriが世に放った1枚目の全国流通版です。
最後まで愛され演奏されてきた5曲が詰まったこの作品。
自身の解散ライブにおいても、このEPに収録された5曲は全て歌われました。

まさにandymoriを象徴するような、彼らの初期衝動と青春と我儘と...
その全てがギュッと詰め込まれた作品に感じます。

1.andyとrock

透き通るアルペジオと囁き語るような歌から流れるように始まるこの曲。
「andyとrock」というタイトルからも分かるように、この曲は音楽を奏でるandymoriという
彼ら三人と愛してやまない音楽であるロックについて歌っている曲に感じます。

「これでいいかとうなずいた時に あいつ変だと指をさされたよ」


個人的には、この一行がとても心に響きました。
そして他の作品にも登場する「オルドバイ」と「ブルジュドバイ」。

調べてみるとオルドバイは、タンザニアのオルドヴァイ渓谷がヒットしました。
この渓谷は出土品などから人類進化の研究にとても重要な場所であるそうです。
そして、ブルジュドバイ。
ブルジュドバイはドバイにある世界一高い高層ビルの建設中に付けられた名であるそうです。

言葉遊びの意味合いも含まれていそうですが、人類史の最古から人類の最高技術のてっぺんまで
andymoriは全ての人に死にたいと歌うし、帰りたいと歌う。
戻れない場所を想い、会えない人を想い、死にたいと歌い、帰りたいと叫び、
その全ての思いを歌っていくのがandymoriなのでしょうか。
そんな衝動的な思いが1分にも満たない曲に凝縮されています。

2.everything is my guitar

スローテンポなシンバルのリズムから始まり、ギターとベースが重なり、
少しユーモラスなギターのフレーズが終わったと思えばため込んだ思いを
爆発させるように曲が展開していきます。

andymoriの代表作としても知られ、その自由奔放で異質なまでの彼らのロックンロール。
彼らのセンスが光る疾走感あるドラムとベースライン、シンプルでロックンロールなギターに
捲し立て、息継ぎする暇も惜しむ様に詰め込まれた歌詞が印象的です。

一つのバンドの出発点にふさわしく、全ては自分のギターに、
全ては自分たちの音楽に詰め込んでいるから聞いてくれと言わんばかりの楽曲です。

君の全てが好きなことも全て歌うし、とりとめのない平和な掃き溜めで叫ぶ彼らは、
この曲で、彼らの曲で、物語が始まるかもしれないと歌っています。
andymori、彼ら自身もこの曲から物語が始まったのでしょうか。

3.FOLLOW ME

イントロからすでに暴走するように始まるドラムロール。
そしてそれに滑り込むようにギターが乗っかり疾走していくと、
前曲に引き続き爆発するようにギターが暴れ曲が始まります。
それに合わせて疾走を続けるドラムとベースもとても良い。

そして始まるリズムなんてお構いなしに言いたいことを並べたような歌詞と歌。

この曲も全て任せて自分たちについてこいと言いたいのか、
相変わらず歌詞は難解で独特なものだが、その感情の高まりを伝えるには
歌詞なんて必要のないものなのかもしれませんね。

この曲はEPがリリースされた3か月後にiTunes storeの「今週のシングル」に選ばれ、
無料ダウンロードされていました。
無料ダウンロードも相まって1枚目にして知名度と人気が上がっていきました。

4.遠くへ行きたい
※公式で上がっている動画がないため、youtubeリンクなしです。ご了承ください。

本作では唯一のスローテンポな曲であり、一番長い曲です。
情緒的で悲しさあふれる曲です。

「ギターを教えてくれた故郷の友達は 女を買いながらつまらないとうたう」
「余命三か月の彼女は生かされて 一年三月後の長い夜に死んだ」


歌われるその一言一言が歌声も相まって胸に響きます。
その歌詞の最初の一節からも夜の電車に過ぎ行く景色が浮かぶようです。

そして曲の最後には「遠くへ行きたい」から「遠くへ行かなきゃ」へ。
小さな世界しか知らない自分にとっては、遠くへ、もっといろんな世界へ飛び出て
もっと多くの人に音楽を、伝えたいことを伝えに行きたいという思いが込められているようにも感じます。

5.ベンガルトラとウィスキー

本EPを飾る最後のナンバーであり、ライブでは彼らのキャリアを通して
常に熱気の最高潮を飾る名ナンバーであるこの曲。

その熱気を飾る疾走感とは裏腹に、歌詞はどこか悲しく深いものがあります。
ベンガルトラやインドクジャクに例えられた檻の中の動物。
檻は本当に動物の檻であるし、学校や会社、もしくはそんな自分を縛り付ける何かを
歌っているのかもしれません。

「ただ綺麗な空が、君の声が聴きたいだけなのに」

それだけなのに気づけばウソみたいに縛られた檻の中にいて、
ただただ「おいらが正しい」と檻の中から叫ぶしかないんですね。

聴けば聞くほどいろいろな解釈と感情が湧き上がってくる曲です。
でも最後にはテイクイットイージー、気楽に行けと君は言ってくれるんでしょうか。

~~~~~~

ここまでで紹介したEP収録曲は、どの曲も代表曲といって差し支えのないような曲ばかりで、
特に「andyとrock」「遠くへ行きたい」はCD音源としてはこのEPにしか収録されていないので、
とてもお勧めの一枚です。

5曲一貫して彼らの世界観がギュッと詰め込まれています。
どの曲も歌詞も短く、曲も短いですが、それを感じさせないほどの
世界観を持っています。

そして、疾走感や爆発力、好き勝手に歌って暴れているように感じる中で
どこか寂しいような影が見えるような気がします。

5曲の曲は決して統一性があるわけでもないし、1枚のCDに、それこそ檻の中に
無理やり詰め込まれたような不安定な1枚にも感じますが、それもまた彼らのらしく、
andymoriというバンドにふさわしい1枚なのではないでしょうか。

アンディとロックとベンガルトラとウィスキーアンディとロックとベンガルトラとウィスキー
(2008/10/08)
andymori

商品詳細を見る

Disc-1 陽だまりを超えて / good dog happy men - 2013.03.13 Wed

元BURGER NUDSの門田氏を中心に結成されたバンド「good dog happy men」。
ツインドラムバンドであった彼らだったが、ドラムとベースが脱退し、二人体制に入り、初めて発表したシングルであり、彼らの1st singleでもあるのが今回紹介する「陽だまりを超えて」である。

「陽だまりを超えて」
発売日 2009年05月27日
規格品番 TBCD-1986
レーベル tearbridge production
TOWER RECORDで2000枚限定で発売された作品であり、一枚一枚にシリアルナンバーがついている。

good dog happy menというバンドを一枚目の「4人のゴブリン大いに踊る」から見ている人(あるいはBURGER NUDS時代から門田氏を見ていた人)からするとこのシングルは少し驚くものがあったのではないかと思う。

というのもgood dog happy menはthe GOLDENBELLCITYの三部作からも見えるように御伽噺のような幻想的な、彼らならではの物語を、そして世界を綴ってきたように思える。

しかしシングルの一曲目であり表題曲である「陽だまりを超えて」という曲はなんとも日常的な現実的な身近な人間味のある曲であると思う。

"優し過ぎる僕らはズレた足並みのままで会いに行くことを"

サビでこう歌うことからも、good dog happy menというバンドがメンバーの脱退を乗り越え、今まで過ごしていた暖かい「陽だまりを超えて」行こうという志が力強く、しかしどこか哀しさを残しつつ伝わってくる。

BURGER NUDS時代を知っている人はそれこそ「trust you」というフレーズから「エコー」という楽曲が見えてくる人も多いのではないだろうか。

二曲目の「Song for lover's」もまた、これまでにはない純粋なラブソングである気がしてくる。
やさしい囁きの様な門田の歌声がキラキラと流れ、途中途中での各パートの動きが聞いていてとても面白い。
青春の淡いような優しいさわやかな、そんな曲。

三曲目の「ゴスペル」は個人的に大好きな曲で、とても和やかな夏休みの1ページの様な懐かしいような切ないような優しい曲。

"こんなにこんなに毎日が幸せだって思うこと"
"僕が時々思い出すのはあの短かった夏"


この曲で綴られる歌詞の一言一言が淡く優しく胸に響きます。
とっても優しい曲。


ここまで3曲を通して考えるとシングルタイトルでもある「陽だまりを超えて」というタイトルがすべての曲をまとめたこの一枚の作品のタイトルであると思えます。
青春の夏の1ページが詰まった1枚のような優しい1枚。
2000枚限定なので現在は入手できるかはわかりませんが、買って損のない1枚であると思います。少なくとも、自分にとってはとても大事な1枚になっていますね。

少し前まで(門田がソロになる前までかな?)はyoutubeにgood dog happy menのPVが多くあったのに、今ではすべて消されてしまっているようですね・・・
残念。

ではでは、初めてのレビューをがんばって書いてみました。
このレビューはあくまで個人的意見であるため、そうじゃねえだろ!とか、こうだろ!等意見がありましたらコメントに書いていただければ幸いです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

もあ

Author:もあ
MUSICMOREにようこそ
アクセスありがとうございます。

邦楽ロックを中心に音楽が大好きです!
twitterは
https://twitter.com/rockmoa
まで!
お気軽にフォローしてください。
テキトーに音楽の事とかブログの事とか呟いてます。

後は何かあれば気軽にコメントやメールくださいな

ブロ友・相互リンクはいつでもどうぞ~

カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
バンド紹介 (10)
ベストトラックス (393)
ディスクレビュー (3)
音楽雑談 (10)
ひとりごと (15)
ライブ (6)
特集記事 (4)
気になるニュース (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

アーティスト一覧

スピッツ(#1)The_宇宙人s(#1)[Champagne](#1)本棚のモヨコ(#1)Japan's_next(#1)銀杏BOYZ(#3)TRICERATOPS(#4)THE_RODEOS(#1)THE_UNIQUE_STAR(#1)フレデリック(#2)水江未来(#1)Chicago_poodle(#1)poet-type.M(#1)The_fin.(#1)Cathy_lost_one's_apricot_yesterday(#1)magic!(#1)口寄せ(#1)LAST_ALLIANCE(#2)qomolangma_tomato(#1)星野源(#1)Vola_&_the_Oriental_Machine(#1)In_197666(#1)MOROHA(#1)SAKANAMON(#1)The_Cribs(#1)ampcharwar(#1)Radiohead(#2)OUTLAW(#1)キドリキドリ(#1)THE_TURTLES_JAPAN(#1)SKULL_CANDY(#1)HaKU(#1)Tokumaru(トクマルシューゴ)(#1)tacica(#5)wrong_city(#1)LAMA(#1)The_Mirraz(#2)white_white_sisters(#1)野狐禅(#1)avengers_in_sci-fi(#2)KANA-BOON(#1)FOLKS(#1)Colourmusic(#1)She_Her_Her_Hers(#1)Shugo(#1)パスピエ(#1)中田裕二(#1)BYEE_the_ROUND(#1)井上苑子(#1)The_Strokes(#1)門田匡陽(#3)Che-a(#1)岡崎体育(#1)Chapter_line(#1)NUMBER_GIRL(#1)PLASTIC_GIRL_IN_CLOSET(#1)bohemianvoodoo(#1)さしすせそズ(#1)TRMTRM(#1)くるり(#1)BUMP_OF_CHICKEN(#7)キュウソネコカミ(#1)the_HIATUS(#1)それでも世界が続くなら(#1)東京カランコロン(#1)ウラニーノ(#1)Poet-type.M(#1)monokuro(#1)夜ハ短シ(#1)0.8秒と衝撃。(#1)ミュージカル(#1)セトリ(#1)plenty(#1)CHEESE_CAKE(#1)森は生きている(#1)黒木渚(#2)sugar_me(#1)The東京シュガーキャッツ(#1)藍坊主(#1)BRADIO(#2)Zebrahead(#1)Stereophonics(#1)RIDDLE(#1)Funk_Discussion_Brothers(#1)ZAZEN_BOYS(#1)キンモクセイ(#1)Base_Ball_Bear(#2)屋根の上のルーニー(#1)GRAPEVINE(#2)kojikojimoheji(#1)HiGE(#1)三回転とひとひねり(#1)Pay_money_To_my_Pain(#1)Deerhoof(#1)Qomolangma_Tomato(#1)LEGO_BIG_MORL(#1)The_Byrds(#1)Yogee_New_Waves(#1)スキップカウズ(#2)pionia(#1)nicoten(#1)フジファブリック(#3)NICO_Touches_the_Walls(#1)WHITE_ASH(#2)モーモールルギャバン(#2)novels(#1)triceratops(#1)THEイナズマ戦隊(#1)赤い公園(#1)ハナエ(#1)Large_House_Satisfaction(#2)LAGITAGIDA(#1)下津光史(#1)水曜日のカンパネラ(#1)ASH_DA_HERO(#1)八十八ヶ所巡礼(#1)細美武士(#2)ASIAN_KUNG-FU_GENERATION(#2)大塚愛(#1)禁断の多数決(#1)Alaska_Jam(#1)aquarifa(#1)HAPPY_BIRTHDAY(#1)Casablanca(#1)踊ってばかりの国(#1)チャットモンチー(#2)cinema_staff(#2)monobright(#1)ピロカルピン(#2)Nickel_Creek(#1)SPARTA_LOCAL(#1)長澤知之(#2)lego_big_morl(#1)zazen_boys(#1)ポッグカウチナゲット(#1)ニコル・スミス(#1)綿めぐみ(#1)アシガルユース(#1)Good_Dog_Happy_Men(#3)asa-chang_&_巡礼(#1)TRUSTRICK(#1)skillkills(#1)people_in_the_box(#1)bentham(#1)chouchou_merged_syrups.(#1)AUDIO_BOXING(#1)KELUN(#1)さめざめ(#1)the_boys_age(#1)THE_PINBALLS(#1)the_chef_cooks_me(#1)SEKAI_NO_OWARI(#2)WATER_ROOM(#1)HOTSQUALL(#1)絶景クジラ(#1)Predawn(#1)レミオロメン(#2)サカナクション(#1)JET(#1)serial_TV_drama(#1)ドレスコーズ(#1)The_next!_Liddell_1974(#1)ビレッジマンズストア(#1)ircle(#1)LOVE_PSYCHEDELICO(#1)Fear,_and_Loathing_in_Las_Vegas(#1)Them_Crooked_Vultures(#1)GLIM_SPANKY(#1)ANGRY_FROG_REBIRTH(#1)Muse(#1)ヤバイTシャツ屋さん(#1)GRAND_FAMILY_ORCHESTRA(#1)みそっかす(#1)シナリオアート(#2)もしもしくじら(#1)YeYe(#1)COgeNdshE(#1)指先ノハク(#1)SWIM_SWEET_UNDER_SHALLOW(#1)ゲスの極み乙女。(#1)BAND_A(#1)チバユウスケ(#1)最終少女ひかさ(#1)androp(#2)RADWIMPS(#1)Story_Of_The_Year(#1)amazarashi(#3)D.W.ニコルズ(#1)geek_sleep_sheep(#1)rega(#1)ハルカトミユキ(#1)ROAD_OF_MAJOR(#1)yoshimi(#1)ユビキタス(#1)ガチャガチャ(#1)THEラヴ人間(#2)OTOTOIGROUP(#1)suchmos(#1)栗コーダーカルテット(#1)OGRE_YOU_ASSHOLE(#1)さよならポニーテール(#1)THE_PINBALS(#1)the_flickers(#1)TheSpringSummer(#1)音橙(#1)Rhythmic_Toy_World(#1)HOLSTEIN(#1)the_cabs(#1)Aerosmith(#1)3nd(#1)MIYAVI(#2)BLUE_ENCOUNT(#1)斉藤和義(#2)松本亨(#3)The_White_Stripes(#1)レキシ(#1)cigar_terrace(#1)THE_ORAL_CIGARETTES(#2)宇宙まお(#2)ゆらゆら帝国(#2)Shiggy_Jr.(#1)ELECTRIC_LUNCH(#1)N'夙川ボーイズ(#1)alexandros(#1)吉田一郎不可触世界(#1)THE_BLUE_HEARTS(#1)the_piggies(#1)AL(#1)9mm_Parabellum_Bullet(#1)THE_TURQUOISE(#1)ホリエアツシ(#1)FOOLA(#1)Halo_at_四畳半(#1)天才バンド(#2)SEBASTIAN_X(#2)THE_NOVEMBERS(#6)トレモノ(#1)CherryHearts(#1)シシド・カフカ(#1)きのこ帝国(#2)爆弾ジョニー(#1)alcott(#1)Qomolangma_tomato(#1)syrup16g(#5)GOLIATH(#1)Scott_Murphy(#1)Turntable_Films(#1)竹原ピストル(#4)ジラフポット(#1)the(#1)psysalia_psysalis_psyche(#5)ハヌマーン(#1)リーガルリリー(#1)PELICAN_FANCLUB(#2)LUCKY_TAPES(#1)モルグモルマルモ(#1)absenmindedness(#1)The_Paellas(#1)Bo_Ningen(#1)tricot(#1)nabowa(#1)The_Beatles(#1)folk_squat(#1)Tequeolo_Caliqueolo(#1)chaqq(#1)Dirty_Old_Men(#1)Veni_Vedi_Vicious(#1)ORANGE_RANGE(#1)THE_HIGH-LOWS(#1)the_dresscodes(#3)Neutral_milk_hotel(#1)彼女_in_the_display(#1)coyote_milk_store(#1)MAN_WITH_A_MISSION(#1)valows(#1)in_the_soup(#1)PLASTICZOOMS(#1)オトワラシ(#1)the_band_apart(#1)Half-Life(#1)SHAKARABBITS(#1)Keishi_Tanaka(#1)向井秀徳(#1)中ノ森BAND(#1)はっぴいえんど(#1)fifi(#1)Gotye(#1)ザ・クロマニヨンズ(#1)嘘つきバービー(#1)Mr.Children(#2)Nickelback(#1)deronderonderon(#1)pianozombie(#1)WEAVER(#1)蓮井朱夏(#1)te'(#2)doresscodes(#1)APOGEE(#1)SuiseiNoboAz(#2)ユメオチ(#1)セカイイチ(#1)宇宙コンビニ(#1)クリープハイプ(#1)Awesome_City_Club(#1)バズマザーズ(#2)FUNKIST(#1)挫・人間(#1)カミナリグモ(#1)Psysalia_Psysalis_Psyche(#1)ハイスイノナサ(#1)385(#1)ARTIFACT_OF_INSTANT(#1)小林太郎(#1)yonige(#1)ROSSO(#1)NTsKi(#1)1980yen(#1)UNISON_SQUARE_GARDEN(#2)ショージロージュニア(#1)Gifted_Fool(#1)GRIKO(#2)Lillies_and_Remains(#1)80kidz(#1)radiohead(#1)04_Limited_sazabys(#1)OK_Go(#1)SPIRAL_LIFE(#1)永野亮(#1)甲本ヒロト(#1)BURGER_NUDS(#1)ザ・チャレンジ(#1)坂本慎太郎(#1)Jake_Bugg(#2)打首獄門同好会(#1)FOX_LOCO_PHANTOM(#1)タルトタタン(#1)andymori(#7)安部コウセイ(#1)THE_ANDS(#1)The_Bohemians(#1)PHONO_TONES(#1)MO'SOME_TONEBENDER(#1)シャムキャッツ(#2)忌野清志郎(#1)The_coridras(#1)asayake_no_ato(#1)Shiggy.Jr(#1)リリーローズ(#1)VELTPUNCH(#1)カヴァー(#1)Maroon_5(#1)毛皮のマリーズ(#1)小山田壮平(#5)SHISHAMO(#1)the_pillows(#8)Charisma.com(#1)布袋寅泰(#1)jeepta(#1)Arctic_Monkeys(#1)LAMP_IN_TERREN(#1)在日ファンク(#1)女王蜂(#2)すぃすぃず(#1)敏感少年隊(#1)OVER_ACTION(#1)Nothing's_Carved_In_Stone(#1)the_coopeez(#1)

ブログランキング

↓よろしければクリックお願いします

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
420位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
61位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: