BUMP OF CHICKEN 紅白出演中継のCDJライブレポ - 2016.01.03 Sun

CDJ1516でBUMP OF CHICKENを見てきましたので
簡単にライブレポでも書いてみます。

といってもRO69のクイックレポートに書いてあるので
そちらに足りない物や簡単な感想程度のものですが。笑

しかもMCのタイミング、もしかしたら違うかもです。。。笑

まずはクイックレポートをどうぞ。笑
RO69「CDJ1516 BUMP OF CHICKENクイックレポート」

まずはセトリを簡単に。

1. Hello, World!
2. ray(紅白中継)
3. 虹を待つ人
4. スノースマイル
5. Butterfly(新曲)
6. 天体観測

まず、登場と同時に始まる今年春に発表されたアッパーチューンの
「Hello, World!」。



一曲目が終わると紅白中継待ちのそわそわタイムに。
EARTH STAGEの大スクリーンに紅白の中継が映し出される。

しかし、音声はなし。
EARTH STAGEの皆が無音で映し出される西野カナの「トリセツ」を見る。。。

終わると同時に中継がつながり、全国のお茶の間に向けて放たれた「ray」。



演奏が終わり暗転すると中継が切られ、そのまま「虹を待つ人」へ。
オーオオーオオーオオーの大合唱が会場を包む。

アコギを手にした藤君が、今まで年末はずっと家に籠っていたことを語り
一瞬アコギを演奏し始めるも手を止め、「感極まっちゃって、、、」と少し
泣きそうになりながらも始まる「スノースマイル」。

イントロが始まると会場からの歓声が上がり、
メンバーのコーラスワークと藤君の声、優しいメロディーが会場を包む。



スノースマイルが終わると、2月にリリースが決まっているアルバム「Butterflies」
から新曲「Butterfly」を。

藤君「アルバムのタイトルは『ばたふらい』、曲名は『ばたふら』間違えないでね」
とアルバムタイトルと曲名が違うことを確認させる。
自分らでもややこしいよねって笑ってた。笑

早いものであと一曲で終わりだ、というMCを経て
藤君「いにしえより伝わる『オォイエアハン』という事はを知っているか」
と続ける。ついに本人もネタにし始めた。笑

藤君「僕たちの想いは『オォ』『イェ』『アァ』『ハン』このたった四つに集約されてるから」
藤君「皆言える?練習するよ?」

と話し、天体観測のサビ終わりを歌い始め、会場全員に「オォイエアハン」の合唱を促す。

3度ほど練習した後、天体観測が始まる。



演奏が終わると
藤君「ここにいる皆は来年一年大吉だ!でも、おみくじ引いたら更新されるからね」
と言い、他のメンバーもお礼を言い去っていく。。。

終わった、、、と思うと、帰らない藤君。笑
今日はめっちゃしゃべるなぁと思っていたがまだ止まらない。

藤君「皆、今日は年越しで長いから、無理しないで体調には気を付けてね。」
と、いつもの様に観客を気遣う。

藤君「外も本当に寒いから。。。『冬が寒くって本当に良かった』とか言ってる場合じゃないから。
    冬は寒くって。。。ただ寒いんだよ。汗とかちゃんと拭いてちゃんと暖かくして帰ってね。」
と今日披露したスノースマイルをネタにして気遣いの言葉を述べ、
名残惜しそうにして帰っていきました。

紅白の中継待ち等々時間を取られることも多かったけど、
計6曲の演奏に対し、BUMPがステージに立っている時間は
役一時間ほどだったので、本当にたくさん喋ってたなぁと思うライブでした。

ではでは。簡単で拙い文ですが、何となくのライブレポでした。
スポンサーサイト

syrup16g tour 2015 『Kranke』 7月8日(水)東京NHKホール - 2015.07.09 Thu

syrup16gのツアー『Kranke』東京NHKホール公演の初日に行っていきました。
NHKホールといえば五十嵐隆「生還」のあの伝説のライブが行われた地ということで、前回チケットが当然のように取れなかった事を思い出しつつも、今回こそはと何とかチケットを確保。

「生還」のライブで実に5年ぶりに集まった3人は「患者」となって正式にsyrup16gとして帰ってきてくれました。
「生還」で発表された新曲軍は、またいつか日の目を浴びることはあるのかなー。。。というのは今は置いておきます。

前回の再発ツアーのように今回も全席指定席。2階の後ろの方だったのですが、それにもかかわらず音がしっかりと届いてきて、いいホールなんだなぁと実感。もちろん3人の音がまとまっていて素晴らしいのもありまして。

開演前、ちらほらと空き席があるように見えました。1階席の前の方にもちらほらと。
ってなんでやーとか思ってたんですが、彼らのファン層は大体もう働いている年代の方が多いので開演に間に合わない方が多かったのかな?とも思ったりもしました。実際、始まってから入ってくる人が結構いたようにも思えます。

開演の時間から数分が過ぎ、突如『Kranke』収録の「Songline(Interlude)」がSEとして流れ始め、会場が暗転。
SEでこの曲を使うのかーなるほどーと思いながら、ステージには既にsyrup16gの3人。

1曲目は『Kranke』収録のPVも作成された代表曲でもある「冷たい掌」。その後「生きてるよりマシさ」「To be honor」と再発後の曲を連発。新しい曲中心のライブなのかなーと思った矢先に、解散前の最後のアルバムであり自身のバンド名を冠したアルバムから「HELPLESS」。

「HELPLESS」は勢いよく中畑さんがドラムを叩くと、五十嵐さんが入りをミスり、ドラムの方を向いて手で「待って!もう一回」というジェスチャーを。会場では笑いが起きつつ、こんなところでも五十嵐だなーsyrup16gだなーと感じながら、そしてラストアルバムからもやるのか!と期待を膨らませつつ、続いて「Stop brain」へ。

その後、五十嵐さんがアコギに持ち替えてからの「My song」そして「明日を落としても」。
過去の名曲が飛び出して驚きつつもライブである事と、曲を発表してからだいぶ年月が経っているからか、少しアレンジが違う事にもワクワクしていました。少しミスがあったのもまたご愛嬌。

ギターをエレキに持ち直すと「正常」のまどろむようなイントロへ。
「正常はもうお終い」と印象的なフレーズが囁かれるように歌われるこの曲を境に徐々にヒートアップしていく空気を感じました。

そして「Everything is wonderful」と「吐く血」。過去の名曲たちが霞むことなく美しく演奏され(歌詞間違いなどはありましたが笑)彼らの楽曲の完成度とそこに含まれるパワーを再確認させられるようでした。

「吐く血」が終わると「Share the light」のイントロのドラムが鳴り響く。
この曲から怒涛の勢いでライブが駆け抜けていったのを覚えています。

再発アルバム『Hurt』の一曲目に収録されたこの曲は、今後もライブの重要な位置におかれそう。

「Share the light」で思いっきりヒートアップした彼らはその後「天才」「真空」「パープルムカデ」「神のカルマ」と往年の名曲を次々とならしてく。
個人的には「真空」がベストアクトかなって思うほどかっこよかったです。実際今回は真空だな・・・と、アンコールを見るまでは思ってました。

そして最後に「今日はありがとう。次で最後ですが、、、ありがとうって事でこの曲を」みたいなMC(うろ覚え)をした後に『Kranke』収録の「Thank you」を。

アンコールでは『Kranke』から「vampire's store」そして中畑さんがめためたにたいこを叩く「落堕」。
「落堕」の間奏での雄叫びが本当に良かった。いや、前編通じて中畑さんの雄叫びは大好きなんだけれども。

ダブルアンコールでは出てきて早々
「5年も空くと・・・落堕でチューニングずれたままやっちゃうしね。だめだね。これからはもっとライブをやって活動していきます。そうやって日々進んでいくということでこの曲を。」
的なMCの後「生活」へ。

そして最後に再発でも見せた渾身の「リアル」を。
このリアルをみて、あぁ、今日はこのリアルがベストアクトだな・・・と思った次第であります。 

途中MCを何回か挟んでいて(いずれもうろ覚え笑)

「今日は東京1日目で明日もあって2daysなんですが、2日間もやるつもりなくて・・・やらせるほうがおかしいよね・・・笑
でも明日もあるから喉のために今日は・・・とか考えられないんで、今日が最終日って気持ちです!えっと・・・千秋楽みたいな?」

「(ギターのストラップとシールドが絡まって)ちょ、ちょっと待って!」

「漢字2文字のTシャツを最近作っていて、患者ってTシャツが今回なんですけどパジャマにしたらお母さんに『あぁ、ついにこの子もここまできてしまったのね』って言われちゃうよねこれ笑」

みたいなものなどかわいいのもありました。

後2時間弱でNHKホール2日目が始まりますね。。。行きたかった。
昨晩は本当にいいライブでした。大満足です。
そして、彼らの今後の活動に期待大ですね。

昨日のライブが終わった後に調べると、他の場所では「シーツ」や「負け犬」「翌日」をやっているところもあったそうで、東京初日のセトリも良かったけど、そっちも聞きたかった!もう全部聞きたい!笑

ではでは。しろっぷ聞こーっと。

syrup16g tour 2015 『Kranke』 7月8日(水)東京NHKホール セットリスト

SE.Songline(Interlude)
1.冷たい掌
2.生きているよりマシさ
3.To be honor
4.HELPLESS
5.Stop brain
6.My Song
7.明日を落としても
8.正常
9.Everything is wonderful
10.吐く血
11.Share the light
12.天才
13.真空
14.パープルムカデ
15.神のカルマ
16.Thank you
en1
17.vampire's store
18.落堕
en2
19.生活
20.リアル


追記


7月9日のNHKホールのセットリストもネットに多く上がっていたので書いておきます。

syrup16g tour 2015 『Kranke』 7月9日(木)東京NHKホール セットリスト

SE.Songline(Interlude)
1.冷たい掌
2.生きているよりマシさ
3.To be honor
4.HELPLESS
5.Stop brain
6.My Song
7.明日を落としても
8.正常
9.負け犬
10.吐く血
11.Share the light
12.天才
13.真空
14.パープルムカデ
15.神のカルマ
16.Thank you
en1
17.vampire's store
18.落堕
en2
19.coup d'etat~空をなくす
20.reborn

初日の
9曲目がeverything is wonderful → 負け犬に変わったのと、
ダブルアンコールの曲目が変更されたところ以外ほぼ同じのようですね。

[Alexandros] free live Back in Yoyogi Park! 6/17 - 2015.06.18 Thu

[Alexandros]が5枚目のアルバム「ALXD」のリリース記念として
代々木公園にて本日フリーライブが行われました。

行ってきたのでそのライブについて。

6月17日。
当日は雨が降ったり止んだりで、終始曇り空の天気。

17時OPENで17時半にスタートとアナウンスされていたライブだったのですが、
実際に始まったのは17時50分くらいだった気が。

最初はステージに雨除けのビニールテントが張られていたのですが、
開演前は雨が止んでいたので撤去してました。

おなじみのSE「Burger Queen」が始まると同時に会場は熱狂の海に飲まれる。
自分はぎりぎりに着いたので後ろの方から見ていたのですが、
前の方は熱狂と歓声で湧き上がっていました。

「Burger Queen」がSEからそのまま生演奏に代わり、それに続いて「For Freedom」。



イントロから盛り上がりに盛り上がり、会場の熱狂により、曲が終わるとともに
設備のトラブルによりライブ一時中断。

洋平さん自らみんなに「一歩ずつ下がって!」と促し、
中断中に洋平さんの引き語りによる「Adventure」。

後ろの方で見ていたのでほとんど聞こえませんでしたが。。。笑
途中MCでも言っていましたが、代々木公園野外ステージは近隣への配慮から
音量制限があるとか。

トラブルへの対応が終わると同時に「Waitress, waitress!」のイントロが始まり
熱狂が最高潮に。



そして続けて「Kick&Spin」と「Run Away」を演奏し、ライブは早くも終盤へ。

8年ぶりに代々木公園でライブを行い、昔は20人しか観客がいなくて。。。
と代々木公園にただいまを言い、最新アルバム「ALXD」収録の「Famous Day」を披露し。
そして最後に「次で最後の曲です。」とボソッと言ったあとに「ワタリドリ」を演奏。

アンコールは「Dog 3」、そして最後に「spy」を演奏し主演へ。



会場は撮影OKだったため多くの人がスマホで動画やら写真やらをとっていました。
情報によると会場には1万人もの観客が訪れてたそうです凄い。

ライブ中は傘の使用は危険なので禁止だったのですが、ライブ中盤にはポツリポツリと
雨が降ってきてしまったもののみんなライブに夢中でお構いなし感。

CDを買うと整理券をもらうことができ、前の方で見ることができたのですが、
整理券が無いと音量制限と場所の関係か、本当に音漏れレベルでのライブといった
感じでした。

2009年に代々木での9mm parabellum bulletのフリーライブを見たときはまだそんなに
音量制限はなかった気がしたんだけれども。。。気がするだけかもしれませんが。

前にフジファブリックを見た時は制限があった気がするなぁ。

ここまで書いておいてなんですが、フリーライブについてはナタリーさんが詳しく書いているので
そちらを是非ご覧ください。笑

音楽ナタリー記事 ただいま![Alexandros]の8年ぶり代々木公園ライブに1万人集結

-セトリ-
1. Burger Queen
2. For Freedom
(2.5 adventure)
3. Waitress, Waitress!
4. Kick&Spin
5. Run Away
6. Famous Day
7. ワタリドリ
en.
8. Dog 3
9. spy

ではでは。

五十嵐隆 「生還」 - 2013.05.09 Thu

今日はsyrup16gの五十嵐隆さんの「生還」ライブだったわけですが、
開演と同時に「reborn」が始まり、幕の中から出てきたのはなんと!

syrup16gそのままのメンバーだったそうです。
「葬式」とも言われた解散ライブでsyrup16gとして最後に演奏した「reborn」で生還の幕開けとはなんとも・・・

ネットから頂いたものですが、セットリストを。

2013/5/8 NHKホール
五十嵐隆「生還」セットリスト
Reborn
Sonic Disorder
神のカルマ
I.N.M
生活
赤いカラス
新曲
新曲
新曲
新曲
新曲
明日を落としても
センチメンタル
月になって
落堕
天才
Coup d'Etat
空をなくす

en1
パープルムカデ
リアル

en2
翌日


これをみると、syrup時代の名だたる名曲で始まり、名曲で終わったライブのようですね。
その間には「犬が吠える」時代の「赤いカラス」から始まり、新曲群を。

本当に聴きたかった。

今回のライブでは五十嵐さんらしくほとんどMCはなかったそうで、気になる今後の活動についてもアナウンスはなかったそうな。

これから雑誌などで取り上げられるではあろうが、公式の発表を待つしかないようですね・・・

物販にはTシャツのみ。
無地に「生還」とかかれたシンプルなデザインのもののようです。

また、ギターの腕がかなり上達していたなどの情報もあったり、
いつものsyrup通り、曲順のミスや、歌詞ミス、ソロの入りのミスなどもあったようですが、実際に見たわけではないので何とも・・・

なにはともあれ、今回のライブを経て、五十嵐隆さんが(ほとんど)syrup16gとして復活を遂げたことには変わりなく、これが大きな一歩な気がしますね。

最後に名曲「reborn」を。

reborn / syrup16g

The Mirraz 「僕らは気持ち悪りぃ~なんか誤解されそうなタイトルですねツアー2012~」 - 2012.12.10 Mon

こんばんは!今回は12/9にThe Mirrazの「僕らは気持ち悪りぃ~なんか誤解されそうなタイトルですねツアー2012~」のツアーファイナルに行ってきたので簡単にライブレポもどきと楽曲紹介を!

横浜CLUB LIZARDにて、The Mirrazのツアーファイナル。
セットリストはこんな感じでした。

セトリ
1.気持ち悪りぃ
2.レディース&ジェントルマン
3.check it out! check it out! check it out! check it out!
4.ふぁっきゅー
5.WAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!!!!!!!!
6.なんだっていい//////
7.正式にはフランケンというのは博士の名前である
8.シスター
9.ラストダンスとファンデーション
10.E-miんの歌
11.うるせー
12.ハッピーアイスクリーム
13.Make Some Noizeeeeeeeeeeeeee!!!!
14.ハイウェイ☆スター(仮)
15.CANのジャケットのモンスターみたいのが現れて世界壊しちゃえばいい
16.傷名
17.I want U
18.TOP OF THE FUCK'N WORLD
19.Let's Go!
20.僕はスーパーマン
21.僕らは
En.1
22.ラストナンバー
23.観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは
En.2
24.ミラーボールが回りだしたら
En.3
25.僕らは

今回は畠山さんの喉の調子がよくないようで、声が出ていなかったり、かすれていたり、小さかったりが多くて少し心配で、ちょこっと残念でした。。

開演の6時とほぼ同時にスタート。
今回はプロローグの映像などはなく、メンバーが登場し一曲目から隙間なく楽曲を入れ込み、駆け抜けていました。

畠山さんの声の調子が悪いせいか、何曲か連続で演奏しては一言「ありがとう」などというだけで、目立ったMCは本編ではなかったですね。。
しかし、楽曲は間違いなくノリがいいものばかりなため。会場内は大熱狂!!

そして怒涛の20曲を走り切った後、一言「次で最後の曲です」と。
そこから始まる「僕らは」とてもかっこよかったですね。ここ一番の盛り上がりを見せ、消えていくメンバー。

アンコールに登場し、そこで初めて今回MCらしいMCを。
喉が痛いのか、静かに低い声で、今回の会場である横浜CLUB LIZARDとの関係について語り、一通り笑いを取った後、「最後にあと2曲やります」的なMCの後始まるシングル曲2曲「ラストナンバー」「観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは」を披露し、去っていく。

アンコール2曲が終わっても熱気の冷めぬ会場は皆でアンコールをねだる。。笑
そして最後にアンコールの定番ミラーボールを披露し去っていくメンバー。

ダブルアンコールが終わり、会場には「本日の公演は以上ですべてとなります」的な放送が流れるも会場はアンコールをねだるねだる笑

そしてなんとでてくるメンバー!
トリプルアンコールは想定外だったのかな?
皆が盛り上がってる姿を見るのが楽しいそうで、本日2度目の「僕らは」。
やはり名曲でした。

次はちゃんとした畠山さんの声でまた盛り上がるミイラズのライブを見たいですね!!

では、今回印象に残った、また個人的に大好きな曲を紹介して終わりっ!

ハッピーアイスクリーム / The Mirraz


観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは / The Mirraz


僕らは / The Mirraz

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

もあ

Author:もあ
MUSICMOREにようこそ
アクセスありがとうございます。

邦楽ロックを中心に音楽が大好きです!
twitterは
https://twitter.com/rockmoa
まで!
お気軽にフォローしてください。
テキトーに音楽の事とかブログの事とか呟いてます。

後は何かあれば気軽にコメントやメールくださいな

ブロ友・相互リンクはいつでもどうぞ~

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

未分類 (1)
バンド紹介 (10)
ベストトラックス (396)
ディスクレビュー (3)
音楽雑談 (10)
ひとりごと (15)
ライブ (6)
特集記事 (4)
気になるニュース (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

アーティスト一覧

FUNKIST(#1)The_Byrds(#1)Veni_Vedi_Vicious(#1)ユメオチ(#1)ハナエ(#1)lego_big_morl(#1)すぃすぃず(#1)GRAND_FAMILY_ORCHESTRA(#1)サカナクション(#1)LAMA(#1)Nickelback(#1)Jake_Bugg(#2)skillkills(#1)挫・人間(#1)Qomolangma_tomato(#1)ハルカトミユキ(#1)The_next!_Liddell_1974(#1)folk_squat(#1)the_pillows(#8)kojikojimoheji(#1)Base_Ball_Bear(#2)さめざめ(#1)アシガルユース(#1)The_Bohemians(#1)THE_NOVEMBERS(#6)布袋寅泰(#1)RIDDLE(#1)水曜日のカンパネラ(#1)MAN_WITH_A_MISSION(#1)tacica(#5)The_fin.(#1)deronderonderon(#1)JET(#1)SWIM_SWEET_UNDER_SHALLOW(#1)OK_Go(#1)serial_TV_drama(#1)04_Limited_sazabys(#1)大塚愛(#1)藍坊主(#1)森は生きている(#1)夜ハ短シ(#1)SEBASTIAN_X(#2)Cathy_lost_one's_apricot_yesterday(#1)psysalia_psysalis_psyche(#5)タルトタタン(#1)Predawn(#1)the_band_apart(#1)the_HIATUS(#1)小林太郎(#1)the_chef_cooks_me(#1)Large_House_Satisfaction(#2)Charisma.com(#1)radiohead(#1)FOLKS(#1)in_the_soup(#1)Shiggy.Jr(#1)BLUE_ENCOUNT(#1)WEAVER(#1)Them_Crooked_Vultures(#1)valows(#1)The_Beatles(#1)the_flickers(#1)Deerhoof(#1)モーモールルギャバン(#2)magic!(#1)VELTPUNCH(#1)SAKANAMON(#1)80kidz(#1)Chicago_poodle(#1)HOLSTEIN(#1)chaqq(#1)チャットモンチー(#2)GOLIATH(#1)シシド・カフカ(#1)rega(#1)Nickel_Creek(#1)口寄せ(#1)セトリ(#1)THE_BLUE_HEARTS(#1)斉藤和義(#2)きのこ帝国(#2)Che-a(#1)小山田壮平(#5)SKULL_CANDY(#1)asa-chang_&_巡礼(#1)門田匡陽(#3)SuiseiNoboAz(#3)LUCKY_TAPES(#1)向井秀徳(#1)poet-type.M(#1)ゆらゆら帝国(#2)在日ファンク(#1)レミオロメン(#2)レキシ(#1)ROAD_OF_MAJOR(#1)栗コーダーカルテット(#1)THE_ANDS(#1)Turntable_Films(#1)女王蜂(#2)Halo_at_四畳半(#1)sugar_me(#1)cinema_staff(#2)八十八ヶ所巡礼(#1)Colourmusic(#1)竹原ピストル(#4)people_in_the_box(#1)3nd(#1)Shugo(#1)THE_PINBALS(#1)ジラフポット(#1)Half-Life(#1)ショージロージュニア(#1)ARTIFACT_OF_INSTANT(#1)CherryHearts(#1)TRUSTRICK(#1)The_Paellas(#1)THEラヴ人間(#2)the_dresscodes(#3)フジファブリック(#3)野狐禅(#1)CHEESE_CAKE(#1)セカイイチ(#1)シナリオアート(#2)Shiggy_Jr.(#1)ASH_DA_HERO(#1)cigar_terrace(#1)黒木渚(#2)AL(#1)absenmindedness(#1)ガチャガチャ(#1)PLASTIC_GIRL_IN_CLOSET(#1)THE_TURQUOISE(#1)PLASTICZOOMS(#1)フレデリック(#2)HAPPY_BIRTHDAY(#1)NTsKi(#1)LAST_ALLIANCE(#2)pionia(#1)geek_sleep_sheep(#1)385(#1)指先ノハク(#1)長澤知之(#2)敏感少年隊(#1)Zebrahead(#1)はっぴいえんど(#1)パスピエ(#1)OVER_ACTION(#1)岡崎体育(#1)蓮井朱夏(#1)ポッグカウチナゲット(#1)GLIM_SPANKY(#1)chouchou_merged_syrups.(#1)YeYe(#1)TRMTRM(#1)Poet-type.M(#1)Casablanca(#1)ELECTRIC_LUNCH(#1)最終少女ひかさ(#1)In_197666(#1)bentham(#1)She_Her_Her_Hers(#1)Funk_Discussion_Brothers(#1)Nothing's_Carved_In_Stone(#1)松本亨(#3)LAGITAGIDA(#1)Arctic_Monkeys(#1)SEKAI_NO_OWARI(#2)THE_UNIQUE_STAR(#1)Lillies_and_Remains(#1)Alaska_Jam(#1)シャムキャッツ(#2)踊ってばかりの国(#1)ZAZEN_BOYS(#1)pianozombie(#1)Scott_Murphy(#1)FOX_LOCO_PHANTOM(#1)RADWIMPS(#1)monobright(#1)the_coopeez(#1)みそっかす(#1)甲本ヒロト(#1)The_Mirraz(#2)KELUN(#1)爆弾ジョニー(#1)打首獄門同好会(#1)asayake_no_ato(#1)the_piggies(#1)東京カランコロン(#1)the(#1)ビレッジマンズストア(#1)The東京シュガーキャッツ(#1)下津光史(#1)絶景クジラ(#1)Stereophonics(#1)tricot(#1)NICO_Touches_the_Walls(#1)彼女_in_the_display(#1)WHITE_ASH(#2)PELICAN_FANCLUB(#2)HOTSQUALL(#1)the_boys_age(#1)Gifted_Fool(#1)星野源(#1)The_coridras(#1)Dirty_Old_Men(#1)Fear,_and_Loathing_in_Las_Vegas(#1)THEイナズマ戦隊(#1)avengers_in_sci-fi(#2)amazarashi(#3)中ノ森BAND(#1)キュウソネコカミ(#1)ユビキタス(#1)Rhythmic_Toy_World(#1)Neutral_milk_hotel(#1)モルグモルマルモ(#1)yoshimi(#1)Tequeolo_Caliqueolo(#1)ハヌマーン(#1)white_white_sisters(#1)オトワラシ(#1)APOGEE(#1)HaKU(#1)OUTLAW(#1)水江未来(#1)[Champagne](#1)zazen_boys(#1)novels(#1)音橙(#1)カヴァー(#1)1980yen(#1)N'夙川ボーイズ(#1)キドリキドリ(#1)SHISHAMO(#1)スキップカウズ(#2)te'(#2)Tokumaru(トクマルシューゴ)(#1)天才バンド(#2)毛皮のマリーズ(#1)本棚のモヨコ(#1)nicoten(#1)安部コウセイ(#1)Awesome_City_Club(#1)Qomolangma_Tomato(#1)ホリエアツシ(#1)Maroon_5(#1)ニコル・スミス(#1)ヤバイTシャツ屋さん(#1)MO'SOME_TONEBENDER(#1)OGRE_YOU_ASSHOLE(#1)aquarifa(#1)Bo_Ningen(#1)ハイスイノナサ(#1)SHAKARABBITS(#1)THE_HIGH-LOWS(#1)Japan's_next(#1)monokuro(#1)リリーローズ(#1)ピロカルピン(#2)GRIKO(#2)plenty(#1)永野亮(#1)UNISON_SQUARE_GARDEN(#2)BYEE_the_ROUND(#1)D.W.ニコルズ(#1)Gotye(#1)坂本慎太郎(#1)Yogee_New_Waves(#1)The_White_Stripes(#1)綿めぐみ(#1)alexandros(#1)屋根の上のルーニー(#1)andymori(#7)GRAPEVINE(#2)KANA-BOON(#1)THE_ORAL_CIGARETTES(#2)LAMP_IN_TERREN(#1)それでも世界が続くなら(#1)ASIAN_KUNG-FU_GENERATION(#2)FOOLA(#1)バズマザーズ(#3)THE_PINBALLS(#1)Psysalia_Psysalis_Psyche(#1)SPIRAL_LIFE(#1)忌野清志郎(#1)トレモノ(#1)SPARTA_LOCAL(#1)ウラニーノ(#1)細美武士(#2)ドレスコーズ(#2)スピッツ(#1)Chapter_line(#1)ANGRY_FROG_REBIRTH(#1)もしもしくじら(#1)Good_Dog_Happy_Men(#3)TRICERATOPS(#4)THE_TURTLES_JAPAN(#1)BUMP_OF_CHICKEN(#7)alcott(#1)0.8秒と衝撃。(#1)coyote_milk_store(#1)yonige(#1)Radiohead(#2)吉田一郎不可触世界(#1)the_cabs(#1)Muse(#1)Aerosmith(#1)ROSSO(#1)中田裕二(#1)qomolangma_tomato(#1)The_宇宙人s(#1)triceratops(#1)jeepta(#1)doresscodes(#1)LOVE_PSYCHEDELICO(#1)Vola_&_the_Oriental_Machine(#1)さしすせそズ(#1)TheSpringSummer(#1)The_Strokes(#1)wrong_city(#1)BRADIO(#2)カミナリグモ(#1)宇宙コンビニ(#1)リーガルリリー(#1)nabowa(#1)fifi(#1)Keishi_Tanaka(#1)井上苑子(#1)9mm_Parabellum_Bullet(#1)赤い公園(#1)MOROHA(#1)BAND_A(#1)ampcharwar(#1)嘘つきバービー(#1)PHONO_TONES(#1)キンモクセイ(#1)チバユウスケ(#1)THE_RODEOS(#1)AUDIO_BOXING(#1)ミュージカル(#1)ircle(#1)Pay_money_To_my_Pain(#1)BURGER_NUDS(#1)ORANGE_RANGE(#1)NUMBER_GIRL(#1)COgeNdshE(#1)MIYAVI(#2)HiGE(#1)suchmos(#2)WATER_ROOM(#1)禁断の多数決(#1)クリープハイプ(#1)Mr.Children(#2)Story_Of_The_Year(#1)androp(#2)The_Cribs(#1)OTOTOIGROUP(#1)bohemianvoodoo(#1)ザ・クロマニヨンズ(#1)ゲスの極み乙女。(#1)宇宙まお(#2)LEGO_BIG_MORL(#1)銀杏BOYZ(#3)三回転とひとひねり(#1)さよならポニーテール(#1)くるり(#1)syrup16g(#5)ザ・チャレンジ(#1)

ブログランキング

↓よろしければクリックお願いします

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
212位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: