#380 インタビュー / 小山田壮平 - 2016.09.20 Tue



敬愛する元andymoriのギターボーカルである小山田壮平さんが
新曲を今日、youtubeとsoundcloudにて公開。

引き語りツアーに先駆けてなんだろうなぁ。
一次選考で当たるも、日程的に怪しくあきらめ、
その後行こうと決心するもチケットが当たらず・・・
公開の嵐さぁ。

久しぶりに引き語りの小山田壮平さんの
どこか懐かしくて、どこか優しくて、どこか悟ったような
そんな曲が聞けてとても嬉しい。

ALではなく小山田壮平名義の曲は、こんな曲ばっかりで
とっても素敵なんだー。

”そして今日も歌ってるんだ
満たされない想い引きずりながら”

うん、とっても壮平君だ。
スポンサーサイト

#315 ゆうちゃん / 小山田壮平 - 2015.04.21 Tue

久しぶりです!315回目!!

ゆうちゃん / 小山田壮平


元andymoriのフロントマンである壮平君のソロ曲。

彼の独特のふんわりした優しいほのぼのした雰囲気がとってもいいです!

小山田壮平君と言えば、自身でレーベル「sparkling records」を立ち上げたのが
記憶に新しいですね~!

sparkling recordsの設立ライブについてはkyufesの方で簡単にレポートを書いたので、
お気になる方はぜひ見てみてください~!

新レーベル「Sparkling Records」設立ライブ in LIQUID ROOM

ではでは~

小山田壮平による新レーベル「Sparkling Records」設立 - 2014.11.30 Sun

新レーベル「Sparkling Records」

本日、元andymoriのギターボーカルである小山田壮平氏を中心に
新たにレーベル「Sparkling Records」を設立したことを明らかにしました。

Sparkling Recordsサイトへ

去年解散を発表し、小山田壮平氏の療養による活動休止を経て、
今年10月に武道館での解散ライブを行い解散したandymori。

解散後、ソロでのライブ活動を行っていた小山田壮平氏ですが、
本日「Sparling Records」というレーベルを開設したことを本人の
ツイッター、ブログにおいて発表しました。

小山田壮平ツイッターへ
小山田壮平ブログへ

Sparkling Recordsのアーティスト欄を見ると、そこには小山田壮平氏は勿論のことですが、
andymoriを3rdアルバムから支えてきたドラマーである岡田健二氏や
2ndアルバムまでのドラマーである後藤大樹などが名前を連ねています。

岡田健二氏はandymoriの4thアルバム「光」において自身の弾き語り楽曲「ひまわり」を収録していたり、
ソロで弾き語りライブに出演したりと活動を行っていました。

また、後藤大樹氏は日比谷野外音楽堂でのライブ(1st DVD)でandymori脱退を発表。
脱退後は自身が中心となりギターボーカルに転身したティエラトムレイという4Pバンドで活動を行っておりました。
音源こそ発表していないものの、ライブで見た「Across the Universe」(曲名の記憶は曖昧ですが。。。)
などは音源発表が待ち遠しいミドルテンポの美しい名曲でした。

その他にも昨年デビューアルバムをリリースしたばかりのシンガーソングライターである谷口貴洋氏や、
自身でもバンドを組み、長澤知之さん等の楽曲にサポートギターでの参加するなど
幅広く活動を行っている濱野夏椰氏などの名前があります。

なおandymoriのベーシストである藤原寛氏は壮平氏のブログの末尾で
「寛にも声をかけたんだけど、彼はモラトリアムらしい。 」とあるので、
いずれこのレーベルに顔を出しそうですね。

小山田壮平氏は解散後もソロライブにおいてandymori時代の楽曲とソロ作品を織り交ぜた
セットリストでライブを行っている様なので、今後のライブも目が離せません。

ちなみにこのニュース、RO69などの音楽ニュースサイトは勿論のこと、
yahooニュースにも取り上げられており、びっくりしました笑

RO69 : 「小山田壮平を中心としたレーベル「Sparkling Records」が設立」
yahoo!ニュース : 「小山田壮平を中心としたレーベル「Sparkling Records」が設立

これからこのレーベルによって彼らがどう動いていくのか、とても楽しみです!

Disc-2 アンディとロックとベンガルトラとウィスキー / andymori - 2014.11.25 Tue

たまにはレビューを書いてみようかなって。笑
大好きなandymoriの記念すべき1st EP盤をレビューさせていただきます。
レビューなんてたいそうなものでなく勝手な感想みたいなものですが。笑

アンディとロックとベンガルトラとウィスキー

アンディとロックとベンガルトラとウィスキー / andymori
発売日 2008年10月8日
規格品番 XQFQ-1111
レーベル Youth Records

andymoriが世に放った1枚目の全国流通版です。
最後まで愛され演奏されてきた5曲が詰まったこの作品。
自身の解散ライブにおいても、このEPに収録された5曲は全て歌われました。

まさにandymoriを象徴するような、彼らの初期衝動と青春と我儘と...
その全てがギュッと詰め込まれた作品に感じます。

1.andyとrock

透き通るアルペジオと囁き語るような歌から流れるように始まるこの曲。
「andyとrock」というタイトルからも分かるように、この曲は音楽を奏でるandymoriという
彼ら三人と愛してやまない音楽であるロックについて歌っている曲に感じます。

「これでいいかとうなずいた時に あいつ変だと指をさされたよ」


個人的には、この一行がとても心に響きました。
そして他の作品にも登場する「オルドバイ」と「ブルジュドバイ」。

調べてみるとオルドバイは、タンザニアのオルドヴァイ渓谷がヒットしました。
この渓谷は出土品などから人類進化の研究にとても重要な場所であるそうです。
そして、ブルジュドバイ。
ブルジュドバイはドバイにある世界一高い高層ビルの建設中に付けられた名であるそうです。

言葉遊びの意味合いも含まれていそうですが、人類史の最古から人類の最高技術のてっぺんまで
andymoriは全ての人に死にたいと歌うし、帰りたいと歌う。
戻れない場所を想い、会えない人を想い、死にたいと歌い、帰りたいと叫び、
その全ての思いを歌っていくのがandymoriなのでしょうか。
そんな衝動的な思いが1分にも満たない曲に凝縮されています。

2.everything is my guitar

スローテンポなシンバルのリズムから始まり、ギターとベースが重なり、
少しユーモラスなギターのフレーズが終わったと思えばため込んだ思いを
爆発させるように曲が展開していきます。

andymoriの代表作としても知られ、その自由奔放で異質なまでの彼らのロックンロール。
彼らのセンスが光る疾走感あるドラムとベースライン、シンプルでロックンロールなギターに
捲し立て、息継ぎする暇も惜しむ様に詰め込まれた歌詞が印象的です。

一つのバンドの出発点にふさわしく、全ては自分のギターに、
全ては自分たちの音楽に詰め込んでいるから聞いてくれと言わんばかりの楽曲です。

君の全てが好きなことも全て歌うし、とりとめのない平和な掃き溜めで叫ぶ彼らは、
この曲で、彼らの曲で、物語が始まるかもしれないと歌っています。
andymori、彼ら自身もこの曲から物語が始まったのでしょうか。

3.FOLLOW ME

イントロからすでに暴走するように始まるドラムロール。
そしてそれに滑り込むようにギターが乗っかり疾走していくと、
前曲に引き続き爆発するようにギターが暴れ曲が始まります。
それに合わせて疾走を続けるドラムとベースもとても良い。

そして始まるリズムなんてお構いなしに言いたいことを並べたような歌詞と歌。

この曲も全て任せて自分たちについてこいと言いたいのか、
相変わらず歌詞は難解で独特なものだが、その感情の高まりを伝えるには
歌詞なんて必要のないものなのかもしれませんね。

この曲はEPがリリースされた3か月後にiTunes storeの「今週のシングル」に選ばれ、
無料ダウンロードされていました。
無料ダウンロードも相まって1枚目にして知名度と人気が上がっていきました。

4.遠くへ行きたい
※公式で上がっている動画がないため、youtubeリンクなしです。ご了承ください。

本作では唯一のスローテンポな曲であり、一番長い曲です。
情緒的で悲しさあふれる曲です。

「ギターを教えてくれた故郷の友達は 女を買いながらつまらないとうたう」
「余命三か月の彼女は生かされて 一年三月後の長い夜に死んだ」


歌われるその一言一言が歌声も相まって胸に響きます。
その歌詞の最初の一節からも夜の電車に過ぎ行く景色が浮かぶようです。

そして曲の最後には「遠くへ行きたい」から「遠くへ行かなきゃ」へ。
小さな世界しか知らない自分にとっては、遠くへ、もっといろんな世界へ飛び出て
もっと多くの人に音楽を、伝えたいことを伝えに行きたいという思いが込められているようにも感じます。

5.ベンガルトラとウィスキー

本EPを飾る最後のナンバーであり、ライブでは彼らのキャリアを通して
常に熱気の最高潮を飾る名ナンバーであるこの曲。

その熱気を飾る疾走感とは裏腹に、歌詞はどこか悲しく深いものがあります。
ベンガルトラやインドクジャクに例えられた檻の中の動物。
檻は本当に動物の檻であるし、学校や会社、もしくはそんな自分を縛り付ける何かを
歌っているのかもしれません。

「ただ綺麗な空が、君の声が聴きたいだけなのに」

それだけなのに気づけばウソみたいに縛られた檻の中にいて、
ただただ「おいらが正しい」と檻の中から叫ぶしかないんですね。

聴けば聞くほどいろいろな解釈と感情が湧き上がってくる曲です。
でも最後にはテイクイットイージー、気楽に行けと君は言ってくれるんでしょうか。

~~~~~~

ここまでで紹介したEP収録曲は、どの曲も代表曲といって差し支えのないような曲ばかりで、
特に「andyとrock」「遠くへ行きたい」はCD音源としてはこのEPにしか収録されていないので、
とてもお勧めの一枚です。

5曲一貫して彼らの世界観がギュッと詰め込まれています。
どの曲も歌詞も短く、曲も短いですが、それを感じさせないほどの
世界観を持っています。

そして、疾走感や爆発力、好き勝手に歌って暴れているように感じる中で
どこか寂しいような影が見えるような気がします。

5曲の曲は決して統一性があるわけでもないし、1枚のCDに、それこそ檻の中に
無理やり詰め込まれたような不安定な1枚にも感じますが、それもまた彼らのらしく、
andymoriというバンドにふさわしい1枚なのではないでしょうか。

アンディとロックとベンガルトラとウィスキーアンディとロックとベンガルトラとウィスキー
(2008/10/08)
andymori

商品詳細を見る

#151 teen's / andymori - 2013.05.26 Sun

地獄のような一週間を切りぬけました笑
151回目ですー!!

teen's / andymori


日本の3人組バンド「andymori」。
現在YOUTUBE公式チャンネルでライブハウスツアーFUN!FUN!FUN!のライブ映像を限定配信しているのですが、その中から大好きな曲を。

この曲は現在制作中の5thアルバムに収録されるそうなので今からわくわくです!

以前からライブでは演奏されてきた「ネバーランド」「MONEY MONEY MONEY」「宇宙の果ては この目の前に」などなど未発表の曲たちが多くアップされているので今のうちに要チェックですぞ!!

是非是非。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

もあ

Author:もあ
MUSICMOREにようこそ
アクセスありがとうございます。

邦楽ロックを中心に音楽が大好きです!
twitterは
https://twitter.com/rockmoa
まで!
お気軽にフォローしてください。
テキトーに音楽の事とかブログの事とか呟いてます。

後は何かあれば気軽にコメントやメールくださいな

ブロ友・相互リンクはいつでもどうぞ~

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

未分類 (1)
バンド紹介 (10)
ベストトラックス (396)
ディスクレビュー (3)
音楽雑談 (10)
ひとりごと (15)
ライブ (6)
特集記事 (4)
気になるニュース (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

アーティスト一覧

ELECTRIC_LUNCH(#1)チャットモンチー(#2)NTsKi(#1)yonige(#1)LOVE_PSYCHEDELICO(#1)フジファブリック(#3)Mr.Children(#2)SPIRAL_LIFE(#1)さしすせそズ(#1)GRAPEVINE(#2)LAST_ALLIANCE(#2)pionia(#1)ザ・チャレンジ(#1)挫・人間(#1)THE_BLUE_HEARTS(#1)Maroon_5(#1)LAMP_IN_TERREN(#1)The_Strokes(#1)大塚愛(#1)みそっかす(#1)Halo_at_四畳半(#1)THE_PINBALLS(#1)KELUN(#1)The_fin.(#1)Vola_&_the_Oriental_Machine(#1)BRADIO(#2)The_Beatles(#1)Tokumaru(トクマルシューゴ)(#1)VELTPUNCH(#1)パスピエ(#1)ユメオチ(#1)rega(#1)SPARTA_LOCAL(#1)安部コウセイ(#1)NICO_Touches_the_Walls(#1)THE_ANDS(#1)WATER_ROOM(#1)野狐禅(#1)ピロカルピン(#2)彼女_in_the_display(#1)Alaska_Jam(#1)THEイナズマ戦隊(#1)She_Her_Her_Hers(#1)alcott(#1)UNISON_SQUARE_GARDEN(#2)三回転とひとひねり(#1)シナリオアート(#2)folk_squat(#1)向井秀徳(#1)すぃすぃず(#1)PELICAN_FANCLUB(#2)HiGE(#1)キドリキドリ(#1)BUMP_OF_CHICKEN(#7)キンモクセイ(#1)MAN_WITH_A_MISSION(#1)OGRE_YOU_ASSHOLE(#1)スピッツ(#1)SEBASTIAN_X(#2)THE_ORAL_CIGARETTES(#2)chaqq(#1)Good_Dog_Happy_Men(#3)THE_UNIQUE_STAR(#1)the_cabs(#1)PLASTIC_GIRL_IN_CLOSET(#1)ASIAN_KUNG-FU_GENERATION(#2)THE_TURTLES_JAPAN(#1)The_Bohemians(#1)asayake_no_ato(#1)The_宇宙人s(#1)Neutral_milk_hotel(#1)ハナエ(#1)小林太郎(#1)te'(#2)ジラフポット(#1)TRMTRM(#1)andymori(#7)Stereophonics(#1)Tequeolo_Caliqueolo(#1)poet-type.M(#1)東京カランコロン(#1)BLUE_ENCOUNT(#1)きのこ帝国(#2)ミュージカル(#1)Predawn(#1)Cathy_lost_one's_apricot_yesterday(#1)PHONO_TONES(#1)レミオロメン(#2)ハヌマーン(#1)FOLKS(#1)ROSSO(#1)リリーローズ(#1)LEGO_BIG_MORL(#1)GLIM_SPANKY(#1)The_next!_Liddell_1974(#1)the_boys_age(#1)甲本ヒロト(#1)オトワラシ(#1)ampcharwar(#1)tacica(#5)LUCKY_TAPES(#1)チバユウスケ(#1)くるり(#1)それでも世界が続くなら(#1)水江未来(#1)In_197666(#1)chouchou_merged_syrups.(#1)OTOTOIGROUP(#1)ガチャガチャ(#1)布袋寅泰(#1)people_in_the_box(#1)NUMBER_GIRL(#1)RADWIMPS(#1)HOLSTEIN(#1)細美武士(#2)SEKAI_NO_OWARI(#2)音橙(#1)androp(#2)triceratops(#1)セカイイチ(#1)井上苑子(#1)Story_Of_The_Year(#1)The_Mirraz(#2)zazen_boys(#1)Gifted_Fool(#1)the_piggies(#1)suchmos(#2)アシガルユース(#1)qomolangma_tomato(#1)psysalia_psysalis_psyche(#5)GRAND_FAMILY_ORCHESTRA(#1)踊ってばかりの国(#1)FOX_LOCO_PHANTOM(#1)門田匡陽(#3)WEAVER(#1)ANGRY_FROG_REBIRTH(#1)天才バンド(#2)RIDDLE(#1)指先ノハク(#1)lego_big_morl(#1)The_Paellas(#1)小山田壮平(#5)tricot(#1)打首獄門同好会(#1)Pay_money_To_my_Pain(#1)TRICERATOPS(#4)MO'SOME_TONEBENDER(#1)竹原ピストル(#4)The_Cribs(#1)セトリ(#1)忌野清志郎(#1)TRUSTRICK(#1)THEラヴ人間(#2)Yogee_New_Waves(#1)Lillies_and_Remains(#1)the_coopeez(#1)1980yen(#1)爆弾ジョニー(#1)valows(#1)COgeNdshE(#1)蓮井朱夏(#1)SuiseiNoboAz(#3)夜ハ短シ(#1)Radiohead(#2)Keishi_Tanaka(#1)さよならポニーテール(#1)Deerhoof(#1)シシド・カフカ(#1)0.8秒と衝撃。(#1)SHISHAMO(#1)nicoten(#1)赤い公園(#1)八十八ヶ所巡礼(#1)GRIKO(#2)cigar_terrace(#1)Nickelback(#1)ARTIFACT_OF_INSTANT(#1)D.W.ニコルズ(#1)HOTSQUALL(#1)Poet-type.M(#1)Large_House_Satisfaction(#2)HaKU(#1)Aerosmith(#1)80kidz(#1)3nd(#1)トレモノ(#1)口寄せ(#1)04_Limited_sazabys(#1)yoshimi(#1)Chicago_poodle(#1)長澤知之(#2)THE_RODEOS(#1)サカナクション(#1)The東京シュガーキャッツ(#1)Fear,_and_Loathing_in_Las_Vegas(#1)Qomolangma_tomato(#1)SAKANAMON(#1)藍坊主(#1)もしもしくじら(#1)Turntable_Films(#1)The_Byrds(#1)LAMA(#1)MOROHA(#1)モーモールルギャバン(#2)斉藤和義(#2)bentham(#1)松本亨(#3)ROAD_OF_MAJOR(#1)Veni_Vedi_Vicious(#1)THE_PINBALS(#1)スキップカウズ(#2)ユビキタス(#1)フレデリック(#2)avengers_in_sci-fi(#2)Funk_Discussion_Brothers(#1)FUNKIST(#1)カミナリグモ(#1)LAGITAGIDA(#1)在日ファンク(#1)plenty(#1)SKULL_CANDY(#1)CherryHearts(#1)serial_TV_drama(#1)ASH_DA_HERO(#1)ビレッジマンズストア(#1)radiohead(#1)女王蜂(#2)ORANGE_RANGE(#1)Shugo(#1)amazarashi(#3)sugar_me(#1)カヴァー(#1)Casablanca(#1)THE_HIGH-LOWS(#1)MIYAVI(#2)坂本慎太郎(#1)skillkills(#1)asa-chang_&_巡礼(#1)cinema_staff(#2)the_flickers(#1)栗コーダーカルテット(#1)The_coridras(#1)aquarifa(#1)pianozombie(#1)Scott_Murphy(#1)WHITE_ASH(#2)385(#1)BURGER_NUDS(#1)TheSpringSummer(#1)毛皮のマリーズ(#1)モルグモルマルモ(#1)Zebrahead(#1)Half-Life(#1)N'夙川ボーイズ(#1)ウラニーノ(#1)geek_sleep_sheep(#1)doresscodes(#1)The_White_Stripes(#1)ircle(#1)絶景クジラ(#1)ZAZEN_BOYS(#1)bohemianvoodoo(#1)ゆらゆら帝国(#2)嘘つきバービー(#1)本棚のモヨコ(#1)レキシ(#1)吉田一郎不可触世界(#1)ホリエアツシ(#1)the_dresscodes(#3)宇宙まお(#2)white_white_sisters(#1)岡崎体育(#1)ゲスの極み乙女。(#1)最終少女ひかさ(#1)黒木渚(#2)Awesome_City_Club(#1)Dirty_Old_Men(#1)ニコル・スミス(#1)Charisma.com(#1)deronderonderon(#1)GOLIATH(#1)さめざめ(#1)the(#1)Muse(#1)monobright(#1)Arctic_Monkeys(#1)Nothing's_Carved_In_Stone(#1)ドレスコーズ(#2)the_HIATUS(#1)OVER_ACTION(#1)Colourmusic(#1)alexandros(#1)the_pillows(#8)kojikojimoheji(#1)綿めぐみ(#1)ポッグカウチナゲット(#1)the_chef_cooks_me(#1)monokuro(#1)magic!(#1)宇宙コンビニ(#1)Shiggy_Jr.(#1)水曜日のカンパネラ(#1)PLASTICZOOMS(#1)バズマザーズ(#3)OUTLAW(#1)ヤバイTシャツ屋さん(#1)銀杏BOYZ(#3)APOGEE(#1)in_the_soup(#1)リーガルリリー(#1)Psysalia_Psysalis_Psyche(#1)森は生きている(#1)FOOLA(#1)CHEESE_CAKE(#1)BAND_A(#1)KANA-BOON(#1)Chapter_line(#1)中田裕二(#1)SHAKARABBITS(#1)novels(#1)THE_TURQUOISE(#1)BYEE_the_ROUND(#1)HAPPY_BIRTHDAY(#1)Bo_Ningen(#1)Them_Crooked_Vultures(#1)はっぴいえんど(#1)fifi(#1)JET(#1)Qomolangma_Tomato(#1)中ノ森BAND(#1)キュウソネコカミ(#1)Che-a(#1)Rhythmic_Toy_World(#1)敏感少年隊(#1)タルトタタン(#1)ハルカトミユキ(#1)syrup16g(#5)[Champagne](#1)屋根の上のルーニー(#1)nabowa(#1)Gotye(#1)coyote_milk_store(#1)wrong_city(#1)禁断の多数決(#1)ショージロージュニア(#1)AL(#1)永野亮(#1)Japan's_next(#1)Jake_Bugg(#2)jeepta(#1)THE_NOVEMBERS(#6)AUDIO_BOXING(#1)YeYe(#1)シャムキャッツ(#2)the_band_apart(#1)ザ・クロマニヨンズ(#1)OK_Go(#1)下津光史(#1)Shiggy.Jr(#1)9mm_Parabellum_Bullet(#1)ハイスイノナサ(#1)星野源(#1)absenmindedness(#1)Nickel_Creek(#1)Base_Ball_Bear(#2)クリープハイプ(#1)SWIM_SWEET_UNDER_SHALLOW(#1)

ブログランキング

↓よろしければクリックお願いします

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
429位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: